Back
プロジェクト4 : 地域社会に役立つリモートセンシングの実現 : 多様な空間情報のシナジーによる社会基盤情報の発信   :   Application of remote sensing methods to regional scale - enlightenment activities by means of the synergy effect of various spatial data 

作成者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
日本十進分類法 (NDC) 450
内容 複数の地球観測衛星が運用され、新しい衛星の打ち上げも予定されている現在においては、衛星データ利用が地球環境の把握・理解のために役立ち、これまでにない新しい領域を開拓していくことが期待されている。そのために本プロジェクトにおいては、衛星データ・地理情報をはじめとする空間情報を統合し公開するとともに、CEReSの研究手法・成果を活用することによりシナジー効果を生み出し、地域研究の新しい側面を創造すること、また地域に科学の成果をフィードバックすることを目的とする。
Presently several earth observation satellites are poeratiing simultaneously and new satellite programs are planned. In this circumstance, the use of satellite data is expected to be important for understandign the regional environment and for exploiting a new field of application. In this project, by integrating and freely providing the spatial information such as satellite data and geographical information, we expect to generate synergetic effect with the combination of CEReS reserch method and result, then to create a new field and to feedback the scientific results to a local.

公開者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンキョウ リモート センシング ケンキュウ センター
公開者の別表記 CEReS
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00024304
NCID AN10569342
掲載誌情報 千葉大学環境リモートセンシング研究センター年報 Vol.10 page.10-12 (20050500)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10569342/KJ00004181085.pdf
情報源 Center for Environmental Remote Sensing, annual report
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

497 times.


Search
Related Materials in