Back
TeO_2-Te二層薄膜における光伝導の応答速度   :   Photoconductive Response in TeO_2-Te bilayer film 

作成者 砂田, 淳二, 寺本, 貴幸, 野田, 新三, 東崎, 健一
作成者 (ヨミ) スナダ, ジュンジ, テラモト, タカユキ, ノダ, シンゾウ, トウザキ, ケンイチ
作成者の別表記 Sunada, Junji, Teramoto, Takayuki, Noda, Shinzo, Tozaki, Ken-ichi
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 §1で述べたようにTeO_2-Te二層膜には起源の異る二種類の光伝導が混在する。一つはTe固有のバンド間電子遷移に起因するタイプIであり, 他はTe0_2-Te界面における結合欠陥酸素の光解離に起因するタイプIIである。チョッパーによって変調した重水素ランプからの光を試料に照射し, ロック・イン・アンプを用いて交流方式による光伝導の測定を行った。得られた結果を基に光伝導の応答特性を検討し次の結論を得た。(1)変調光に同期させたロック・イン・アンプを用いて, 0.1nA以下の微小交流光電池が室温で測定できる。(2)今回の交流方式で測定される光伝導はタイプIの特性である。(3)タイプIIの光伝導特性は今回の交流方式による測定結果に全く反映されない。このことは, この種の光伝導が静的であり, 速い応答成分を含まないことを示す。
Two types of photoconduction are expected to be observed in Te0_2-Te bilayer films. One is the type I photoconduction due to interband electoron transition in intrinsic Te and the other is type II photocondunton due to photodissociation of unbond O_2^- ions at Te0_2-Te interface. By using lock-in-amp. synchronized with chopper modulated light, A. C photocurrent for the film is measured, and the photoconductive response is analysed. The following conclusions are obtained; (1) The A. C photocurrent less than 0.1 nA is possible to be determined at room temperature in the present set up. (2) The A. C photocurrent observed in the present experiment has the character of type I. (3) Type II phtoconduction is independent of the A. C phtocurrent measurement. This indicates that the photoconduction is static and contains no component of rapid photoconductive response.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00024372
ISSN 1342-7423
NCID AN10494753
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. III, 自然科学編 Vol.43 page.1-4 (19950228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10494753/KJ00004179352.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. III, Natural sciences
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1056 times.


Search
Related Materials in