Back
家庭科男女共学履修によるジェンダー観・家庭科観の変化   :   The Influence of Male High School Students' Participation in Home Economics Classes with Female Students on the Consciousness of Gender and the Consciousness of Home Economics 

作成者 中間, 美砂子, 中山, 麻衣子
作成者 (ヨミ) ナカヤマ, マイコ
作成者の別表記 NAKAMA, Misako, NAKAYAMA, Maiko
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 家庭科男女共学履修がジェンダー観, 家庭科観にどのような影響をもたらしたかを明らかにするため, 本研究を行った。研究にあたっては, まず, 1 家庭科とジェンダー観のかかわりに関する先行研究にあたり, ついで, 2 家庭科男女共学履修制度導入による家庭科カリキュラムの変化について学習指導要領の目標, 内容の変化及び教科書の人物画像をジェンダー視点から分析した。そのうえで, 大学生を対象に, 家庭科男女共学履修によるジェンダー観, 家庭科観の変化についての調査を実施した。結果の概要は次の通りである。1 家庭科とジェンダー観に関する先行研究では, 「女子必修の家庭科はジェンダーに基づく偏向を伴った教科であった」, 「家庭科は, ジェンダーにかかわるテーマを学習題材としており, 性平等意識を育てる教科としての特性を持つ」の2点が指摘されている。2 男女共学履修制導入により学習指導要領の目標には, 「主体的」「家族」という語が新たに取り入れられ, 内容には, 高齢者の生活と福祉, 消費生活と消費者としての自覚, 生活情報の活用, 青年期の生き方と結婚, 生命の誕生, 子どもの人間形成と親の役割が新たに取り入れられた。3 男女共学履修制導入により発行された教科書の人物画像をみると, 男性画像, 平等場面が増加し, 伝統的場面が減少しており, 平等意識を育てる役割の一端を担っていると考えられる。4 家庭科男女共学履修によるジェンダー観, 家庭科観の変化についての調査結果の概要は次の通りである。(1) ジェンダー観水準は, 女子の方が男子に比べて高水準で, 家庭科の学習内容の重視度も高い。(2) 男子の共学履修グループは, 履修なしグループよりもジェンダー観は高
This paper aimed to clarify how male high school students' participation in Home Economics classes with female students influenced on consciousness of gender and the consciousness of Home Economics. The questionnairing was conducted on 702 students of Chiba University in 1997. The results were as follows: 1 Female students were more conscious of gender and more conscious of Home Economics than male students. 2 Male students who participated in Home Economics classes were more conscious of gender and more conscious of Home Economics than male students who did not study Home Economics at high school. 3 Female students who participated in Home Economics classes without male students were more conscious of gender and less conscious of Home Economics than female students who participated in Home Economics classes with male students.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00024731
ISSN 1342-7407
NCID AN10494720
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. I, 教育科学編 Vol.48 page.95-110 (20000229)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10494720/KJ00004299804.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. I, Pedagogy
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

769 times.


Search
Related Materials in