Back
蚊の産卵行動   :   Laboratory Studies on the Ovipositing Behaviour of the Mosquito, Aedes albopictus Skuse 

作成者 鈴木, 健二
作成者の別表記 Suzuki, Kenji
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 1.研究室で累代飼育しているヒトスジシマカの産卵行動を調べた。雌成虫は同時に提示された蒸溜水よりも, 同じ種の4令幼虫液, 3令以下の若い幼虫液および蛹液に, 多数の産卵を行った。これらの実験結果からみて, 幼虫および蛹は雌成虫の産卵を誘引する物質を分泌排出していることが結論づけられた。2.雌成虫1個体あたりの平均産卵数などの比較から, これら三種類の溶液の産卵誘引活性は, 上述の順序に従って低下していくことが推定された。
1. Ovipositing females of Aedes albopictus preferred 4th-instar larval solution to distilled water as a oviposition site in the simultaneous presentation of these two solutions. Similarly, solutions of pupae and younger larvae than 3rd-instar were each preferred rather than distilled water. From these results, it was concluded that the mosquito larvae and pupae excrete active substances in inducing oviposition of adult females. 2. By comparing the number of oviposited eggs per a single female, it was discussed that the activity of inducing oviposition is as follows. 4th-instar larval solution > Solution of younger larvae than 3rd-instar > Pupal solution.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00024926
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.24 page.27-29 (19751226)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299118.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

737 times.


Search
Related Materials in