Back
Syntheses of Tritium Labeled Tetradecanol and Its Sodium Alkyl Sulfate   :   トリチウム標識テトラデカノールとそのアルキル硫酸ナトリウムの合成 

作成者 越沼, 征勝
作成者 (ヨミ) コシヌマ, マサカツ
作成者の別表記 Koshinuma, Masakatsu
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 n-ドデシルァルデヒドとマロン酸との縮合反応生成物を, 四水素化リチウムアルミニウムで還元して得られる2-テトラデセノールを漆原ニッケル触媒でトリチウム標識することによって, トリチウム標識n.テトラデカノール(tetradecan-2, 3.^3H, ^3H-ol-1).を合成した。その標識アルコールをクロロ硫酸でスルホン化し, 中和してトリチウム標識テトラデシル硫酸ナトリウム.を得た。その硫酸塩は吸着実験に対して化学的, 放射化学的, 界面化学的に十分純粋である。
Tritium labeled n-tetradecanol, tetradecane-2, 3-^3H, ^3 H-ol-1, was synthesized with the aid of Urushibara's Ni-catalyst by the tritiation of 2-tetradecenol, which was obtained by the condensation of n-dodecylaldehyde with malonic acid and by subsequent reduction of the condensation product with LiAlH_4. The tritiated alcohol was then sulfated with chlorosulfonic acid and neutralized to get tritium labeled sodium tetradecyl sulfate; its sulfate was found to be chemically, radiochemically and surface-chemically pure enough for adsorption experiments.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025016
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.29 page.37-42 (19801220)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299256.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

719 times.


Search
Related Materials in