Back
エチレンと果実生理 (第2報) : 柑橘果実の呼吸量に対するエチレン処理の影響   :   Ethylene and fruit physiology. II. : Effects of ethylene treatments on the respiration of citrus fruits. 

作成者 高田, 峰雄
作成者 (ヨミ) タカタ, ミネオ
作成者の別表記 Takata, Mineo
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 柑橘果実(温州ミカン, ハッサク, 甘夏ミカン)に一定期聞エチレンを作用させたり, その後一定期間処理を停止したりすることをくり返して, 果実の呼吸がどのように変化するかを調べた。エチレン処理と処理停止とを1日おきに交互にくり返した場合, 柑橘果実は初めの3〜4回のエチレン処理には反応して呼吸量が増大したが, それ以上エチレン処理をくり返してもエチレンの効果はなかった。3日間エチレン処理を続けた後1日間処理を停止し, 再度エチレン処理を行なった場合には, 第2回目の処理による呼吸量の増大は見られなかった。2日間エチレン処理を続けた後1日間処理を停止するという方法で処理をくり返した場合, 初めの2回までは果実の反応が見られたが, 3回目以後の処理に対しては反応しなくなった。数日間エチレン処理を続けた後2日間以上処理を停止し, 再度処理をくり返した場合, 果実は処理の度毎に反応を示した。
The respiration responses of citrus fruits (Satsuma orange, Hassaku orange and sweet summer orange) to alternate treatments with air and ethylene were studied. When the treatments with ethylene for 1 day and then returned to air for 1 day were repeated, the initial 3 to 4 treatments induced response of citruits (increase in CO_2 evolution), but subsequent treatments had little effect. The retreatments with ethylene for 3 days and then returned to air for 1 day caused no increase of respiration rate. In the case of the retreatments with ethylene for 2 days and then returned to air for 1 day, the initial 2 treatments induced response, but subsequent ones had no effect. When the treatments with ethylene for several days and then returned to air for more than 2 days were repeated, the fruits responded at all times.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025044
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.30 page.207-215 (19811220)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299293.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

684 times.


Search
Related Materials in