Back
家庭内の団らんを中心とした家族の同一生活行動の考察 (第4報) : 昭和55年と昭和45年を比較して   :   A Study of Family Intra-action during Times Shared as a Group (IV) : Comparing the Data of 1980 with Those of 1970 

作成者 大町, 淑子
作成者 (ヨミ) オオマチ, ヨシコ
作成者の別表記 Ohmachi, Yoshiko
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 1.第4報について家庭内で家族が一緒に生活する実態を, NHK国民生活時間調査を資料として, 第1, 2報でみてきた。第4報は, 昭和55年を昭和45と比較して, 共通起床在宅率, 同一生活行動を中心に検討した。共通起床在宅率は, 40%以上の時間帯で, 昭和55年の平日は1コマ(15分単位)減ったが, 土曜日は2コマ, 日曜日は19コマ増加している。労働時間の縮小, 休日の増加による男子40代の生活時間の変化が大きくかかわっているとみられる。同一生活行動の率は, 食事, くつろぎ, テレビを合わせた率であるが, 20%以上の比率となる時間帯は昭和45年に比較して平日は同じ, 土曜日, 日曜日は, 1コマずつの増加である。食事とテレビが主行動となり, 夕食後はテレビのパターンは45年と変わらない。平日, 日曜日の同一生活行動はやや減少ぎみで, 家族の生活行動は一緒に過ごす型から徐々に個人型へ移っていくように思われる。2.反省と今後への課題第4報は仮説の立て方が十分ではなかったので, この研究方法では検証できたとは言えず, 推論になっている。研究方法の巾をもっと拡げて違った面からもっとつめることも検討する必要がある。朝食, 夕食については, 一応第3報で実態調査から分析したが, テレビに関してもっと研究方法を転換, 発展させることが望ましいと思う。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025085
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.32 page.121-153 (19831220)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299353.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

650 times.


Search
Related Materials in