Back
低温処理した植物細胞核および染色体のアンモニア銀反応   :   Ammoniacal Silver Reaction for Nuclei and Chromosomes of Trillium hamtschaticum treated with Cold Temperature 

作成者 内海, 俊策
作成者 (ヨミ) ウツミ, シュンサク
作成者の別表記 Utsumi, Shunsaku
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 低温処理したオオバナノエンレイソウの静止核および染色体のアンモニア銀反応について光学および電子顕微鏡により調べた。アンモニア銀は核内の塩基性タンパク質を特異的に染色することが知られている。低温処理した染色体は特定部位でホイルゲン反応で染まらない退色反応を示すが, この部位はアンモニア銀反応によっても染まらなかった。この結果から, 低温処理により退色反応が誘起されるに当たってピストンがいかなる役割をもっているかにっいて考察した。低温処理した静止核の微細構造を電子顕微鏡で調べた結果, 未処理細胞の静止核ではみられない特異な構造が認められた。その構造はとぐろ状に巻いた直径200〜300Åの微小繊維がからまった網目状構造をしており, 電子密度はクロマチンより低い。しかし, この構造は隣接クロマチンから突出している微小繊維と明らかにつながっている。これらの形態は:Lafontaine(1965)やEsponda and Gimenez-Martin(1971)によって報告されているマイクロパフ(micropuffs)の構造ときわめて類似している。これらの知見から, クロマチンは多糸染色体のパフ(puffs)に似た構造を取りうると考えられた。この構造的類似に基づいて, 低温処理によって誘起されるクロマチン活性化と植物の低温順応との関係について論議した。
The postformalin ammoniacal silver reaction(ASR) for basic nuclear proteins was applied to the cold-treated interphase nuclei and mitotic chromosomes of Trillium kamtschaticum and observed with the light and electron microscope. Cold-induced negatively heteropyknotic regions of Feulgen stained metaphase chromosomes were not stained by ASR, too. The possible role of histones in cold-induction of negatively heteropyknotic regions was discussed. Electron microscopic analysis of the cold-treated interphase nuclei revealed certain characteristic structure which appeared closely associated, at the same time, with a number of chromatin masses. They consisted, structurally, of a distinct meshwork of convoluted 200-300 Å thick fibrils, less dense than the chromatin. The connections between these structures and the adjacent chromatin masses were apparently established by means of fibrils coming out from the chromatin masses. The morphology of these structures appears to correspond exactly to the 'micropuffs' described by Lafontaine (1965) and Esponda and Gimenez-Martin (1971). It might be deduced from this that the cold-treated chromatin mass gives rise to differentiations similar to the puffs in polytene chromosomes. The relation between cold-induced chromatin activities and cold acclimation of plants was discussed.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025113
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.34 page.57-65 (19851220)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299399.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

760 times.


Search
Related Materials in