Back
化学物質により誘起された染色分体切断のノンランダム分布の一要因   :   A possible factor for the non-random distribution of chemically induced chromatid breaks in Tradescantia paludosa and Vicia faba 

作成者 内海, 俊策
作成者 (ヨミ) ウツミ, シュンサク
作成者の別表記 UTSUMI, Shunsaku
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 ヌマムラサキツユクサとソラマメの根端をDNA合成を阻害することが知られているマイトマイシンCで処理して, 化学物質により誘起される染色分体切断の分布がノンランダムになる要因の1つを検討した。誘起された染色分体切断の分布は処理後の回復時間とともに変った。その変化のパターンは他の研究者達によって行なわれた実験における染色体DNAの後期複製の動態と密接に関係していた。この現象はマイトマイシンCが染色体の非同調的複製を阻害するためであると解釈できる。このように, 化学物質誘起の切断分布が回復時間とともに変るということは, いろいろな放射線類似物質の間に存在するといわれてきた切断分布パターンの違いのいく分かを説明できることを示唆している。
A possible factor for the nonrandom distribution of chemically induced chromatid breaks was tested in the root tips of Tradescantia paludosa and Vicia faba, with mitomycin C which is known to inhibit DNA synthesis. The distribution of the induced chromatid breaks changed with recovery time after treatment. The pattern of the changes was correlated closely with the DNA replicating activity of the chromosomes in the experiments performed by other researchers. This phenomenon was interpreted in terms of the inhibition by mitomycin C of asynchronous DNA synthesis and it was suggested that the changes in the aberration distribution with recovery time may resolve some of the differences in the pattern of the distribution which have been said to exist among different radiomimetic chemicals.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025163
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.37 page.41-49 (19890226)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299476.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

640 times.


Search
Related Materials in