Back
家事労働に関する考察 (第2報)   :   A Study of Household Activities (2) 

作成者 大町, 淑子
作成者の別表記 OHMACHI, Yoshiko
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 (1)研究の目的, 主な研究方法は第1報に同じ。対象は私立女子大学3年次学生, 125名。昭和63・平成元・2年度に実施したもの。(2)カードの記入内容を, 家族・保育・看護, 家庭経営, 食生活, 衣生活, 住生活の5領域に分けて分析した。領域間の記入数, 比率の順位は第1報に同じ。各領域をさらに項目に分類した。家族・保育領域は「育児」, 家庭経営領域は「買物」, 食生活領域は「後片付け」, 衣生活領域は「洗たく」に関するもの, 住生活領域は「住居内の掃除」がそれぞれ多数あることは第1報と同様である。住生活領域では「ふとん」に関する仕事と, 「ゴミ」に関することが, 第1報より多くみられる。(3)第2報の記入内容は, 全般的には第1報にかなり類似しているが, 詳細にみると次の特色がある。1)現代の生活がすぐに反映している, 2)第2報の記入数が増加している, 3)第2報の記入数が減少している。の3点のうち, 2)と3)は対象の違いを思われる。(4)カードの記入数の多い, 少ないは, 家事労働の時間量の多さと直接関わっていない。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025218
ISSN 0577-6856
NCID AN00179534
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第2部 Vol.40 page.175-192 (19920228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179534/KJ00004299558.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part II
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

642 times.


Search
Related Materials in