Back
法華経の諸音義にみえる反切の関係について   :   A Philological Study on Fan-ts'ie used in the Texts of Hokekyo-ongi 

作成者 林, 史典
作成者 (ヨミ) ハヤシ, フミノリ
作成者の別表記 Hayashi, Fuminori
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本稿は, 日本字音史のたちばから, 法華経の読誦に際してもちいられた字音の体系と性格とをあきらかにしようとする意図のもとになされる研究の, 基礎的考察の一部をなすものである。ここでは, 法華経の諸音義所載の反切の比較・検討を通じてそれらの相互関係をあきらかにせしめると同時に, 誤写およびそれぞれの音義に特有の反切に注目することによって, 現存の諸音義にみえる反切の背景を想定し, あわせてこれらの反切のはたしえた役わりについても, 一応の歴史的なみとおしをえようとする。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025258
ISSN 0577-6856
NCID AN00179512
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第1部 Vol.22 page.95-108 (19730831)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179512/KJ00004298550.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part I
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

637 times.


Search
Related Materials in