Back
心理治療過程と治療的人格変化(II)   :   The Psychotherapeuic Processes and Therapeutic Personality Change (II) 

作成者 田畑, 治
作成者の別表記 Tabata, Osamu
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究の目的は, 治療的人格変化がカウンセラーとクライエントとのカウンセリング関係を通じて, どのように起っていくか, その心理治療過程を分析することである。本研究での事例は, 青年期後期の学校恐怖症に悩む男子大学生である。総計28回の面接を行ない, 約一年後に終結した。分析資料は, 主として「面接逐語記録」に基づいている。結果は, 以下のとおりである。(1)心理治療過程の段階。前段階;「面接への葛藤の時期」, 第I期;「カウンセリング関係の確立期」, 第II期;「拡散した自己の問題の表明期」, 第III期;「自己の小ささに焦点づけられた自己探索期」, 第IV期;「自己内の'根っこ'の明確化の時期」, 第V期;「自己受容期」, そして第VI期;「現実の自己課題に対処できる時期」。(2)これらの過程は, "波状様"に展開することがわかった。
The purpose of this study was to analyse the psychotherapeutic processes in which the therapeutic personality change was developed between counselor and client. The case used in the study was an adolescent school phobic client, who was a male student. The interviews were continued 28 sessions, and terminated at after one year. The result was analysed mainly upon the "verbatim records" segmented with 5 minutes at each interviews. The results obtained were as follows: 1) Pre-stage; "Conflicting attitude toward interview", 2) Stage I; "Establishing the counseling relationship", 3) Stage II; "Expression of the diffused self", 4) Stage III; "Self-exploration focusing upon the small me", 5) Stage IV; "Clarification of intra-self root", 6) Stage V ; "Self-acceptance", 7) Stage VI; "Coping with the reality self-tasks". These processes were concluded as developed in "waved pattern."

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025262
ISSN 0577-6856
NCID AN00179512
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第1部 Vol.23 page.1-26 (19741200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179512/KJ00004298562.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part I
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

652 times.


Search
Related Materials in