Back
遊戯療法のプロセスについて   :   On the Psychodynamic Process of Play Therapy 

作成者 近藤, 邦夫
作成者の別表記 Kondo, Kunio
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 ひとりの登校拒否の少年の事例を基に, 自我の成長と意識と無意識の関係という2つの観点から, 遊戯療法のプロセスが段階的に分析された。治療の第一段階では, 自我は無意識との通路を塞がれ無力になっている。無意識は砂嵐や急流のように, 漠然とした大きな圧倒的なものとして知覚され, 無力な自我はそれに抗す術をもない。第2段階では, 或る程度の力を獲得した自我が, 無意識の領域に踏み込んでいく。無意識は水(洪水)として知覚される。自我はそれとのギリギリの拮抗関係の中で成長していく。第3段階では, 意識(自我)と無意識の関係に大きな変容が起り, 両者の関係は共に生かし生かされる関係になる。無意識は地底世界の植物, 動物, 人間の祖先として表象され, 最後には, それらを意識的な自我の中に統合することが大きな課題になる, ことが明らかにされた。
The psychodynamic process of the play therapy of a boy is analyzed from two points of view; the growth of the conscious ego and the change of its relation with the unconscious. The first stage of that process is characterized by: 1) The ego being extremely weak and alienated from the unconscious forces. 2) The unconscious forces being represented by terrifying natural phenomena, such as a dust storm or a turbulent stream. 3) The ago being quite helpless against their attack. In the second stage: 1) The ego gains enough strength to explore the unconscious world. 2) The unconscious forces are represented by water, often a disastrous flood. 3) The ego is in conflict with the unconscious forces and in effect "wages war" against them. In the third stage: 1) The two come to terms with each other. 2) The unconscious gives life to the conscious and the conscious nourishes the uncconscious. 3) The conscious ego integrates the unconscious forces into itself.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025303
ISSN 0577-6856
NCID AN00179512
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第1部 Vol.26 page.1-21 (19771220)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179512/KJ00004298626.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part I
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1037 times.


Search
Related Materials in