Back
自己強化手続き顕在化の動機づけ効果と達成動機の影響   :   The Motivating Effect of The Manifestation of Self-reinforcement Procedures And The Influence of Achievement Motivation 

作成者 佐々木, 良江, 仁平, 昇, 坂野, 雄二
作成者 (ヨミ) ササキ, ヨシエ, ニヘイ, ノボル
作成者の別表記 Sasaki, Yoshie, Nihei, Noboru, Sakano, Yuji
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究は, フィードバックが完全になされている状況における, 自己強化(SR)手続き顕在化の動機づけ効果を, 発達段階や達成動機の側面から検討することを目的として行われた。2×2×2の実験計画が用いられた。第1の要因は, 学年(2年・6年)であり, 第2の要因は達成動機である。予め実施された達成動機の調査から得点の高低により, それの高い群と低い群が設けられた。第3の要因はSR手続きである。すなわち, 自ら遂行量を記入し, それに対してよくできたと思ったら○を, あまりよくできなかったと思ったら×をつけるというSR手続きをする自己強化群(SR群)と, 遂行量のみを記入しSR手続きをとらないフィードバック群(FB群)から構成された。課題はWISC知能検査の符号問課(8歳以上用)が用いられた。主な結果は次の通りである。(a)2年生・6年生ともに, 達成動機の高低はSRの動機づけ効果に影響を及ぼさない。(b)2年生ではSR手続きを顕在化させた方がフィードバックのみよりも動機づけの効果は大きいが, 6年生では逆の関係になっている。(c)SR群において, 2年生・6年生ともに, 達成動機の高い群では負のSRの方が動機づけ効果が大きいが, 低い群では, 2年生児童において正のSRの方が動機づけ効果が大きいという傾向がみられた。(d)SR群における, 正か負のSRの決定に関して, 2年生の達成動機の高い群以外は, 正のSR前の方が負のSR前よりも遂行量の上昇量が多く, その傾向は6年生の方がより安定している傾向にある。しかし, (c), (d)においては被験者数が少なく, 有意な差は得られなかった。以上のことから, 6年生ではSR手続きを顕在化しなくても, covertなSR, つまり内潜的自己強化が行われていることを示唆している。しかし, これは
The purpose of this study was to examine the motivating effect of the manifestation of self-reinforcement (SR) procedure in the situation in which the results of subjects' performance were perfectly fed back to them, and to test the effects of the Ss' developmental level and the achievement motivation on the performance with SR procedures. A 2×2×2 factorial design was introduced as an experimental design. The first factor was the Ss' grades (2nd. or 6th. grade), the second was the level of the achievement motivation, and the third was the SR procedures, i. e. the Ss in SR condition self-reinforced overtly after every trial and the Ss in FB condition were given only the informations about their performance without any SR procedures. The task used was the matching task of WISC and every subject was instructed to perform the task five times with SR or without SR procedures. The major findings were as follows: (a) The level of achievement motivation was not influential to the motivating effect of self-reinforcement in both grades. (b) The 2nd. graders in the SR condition revealed the significant increase of performance than the Ss in the FB condition. In contrast with this result, however, the Ss in FB condition revealed the significant increase of perfomance than the Ss in SR condition in 6th. graders. (c) In SR condition, the Ss with high achievement motivation revealed more increase after negative self-reinforcement than positive one. (d) The increase of perfomance caused the positive self-reinforcement, and this trend was notable in 6th. graders. The implications of these results and the possibility of the existence of covert self-reinforcement in 6th. graders were discussed within the framework of social learning theory.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025368
ISSN 0577-6856
NCID AN00179512
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要. 第1部 Vol.31 page.13-21 (19821220)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00179512/KJ00004298731.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. Part I
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

751 times.


Search
Related Materials in