Back
オオアカウキクサの内在藍藻 : 第1報.分離培養(第二部)   :   A Study of the BlueGreen Algae Coexisting with Azolla japonica Franch et Sev. 1. : Isolation and Culture.(PART II) 

作成者 本田, 陽子
作成者の別表記 HONDA, Yoko
日本十進分類法 (NDC) 474
内容 藍藻は淡水, 汽水, 海水中その他湿潤な場所に生育するが, 菌類と共生して地衣類を形成したり, 他の植物に内在することもある。植物体に内在する共生藍藻については渡辺篤, Molisch, 渡辺清彦の研究があり, それぞれソテツ, シャクシゴケ, ウスバゼニゴケなどを材料として純粋培養を行っている。オオアカウキクサに内在する藍藻についてはStrasburgerが著書の中でアナベナについて述べている外2, 3の研究報告があるが, その原典についてはいずれも不明である。本稿はまだ純粋分離の行われていないオオアカウキクサの内在藍藻を分離して種を同定し, 内在する場所を確認した結果を報告するものである。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025642
ISSN 0577-6856
NCID AN00142727
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.14 page.107-111 (19650620)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142727/KJ00004239672.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

572 times.


Search
Related Materials in