Back
テストに伴う症状, テスト不安, 不安, 学業成績および知能の関係(第1部)   :   Physical and Psychological Symptoms for a Terminal Examination, Test Anxiety, General Anxiety, Achievement and Intelligence(PART I) 

作成者 松田, 伯彦
作成者の別表記 Matsuda, Michihiko
日本十進分類法 (NDC) 371.4
内容 中学1年生および3年生男女生徒各100名計400名について, 中間テスト前7日間, テスト期間(3日間)およびテスト後7日間に, 毎日, 自覚される症状, テスト不安, 不安, 標準学力, 中間テスト成績および知能について調べ, これらの関係を分析し, 検討した。その結果1.症状とテスト不安, 学習不安(GATのA), および不安との間に, 1年女子以外, 高い正の相関関係がみられ, そして, 症状は, 1年より3年に多く, 1年, 3年とも女子より男子に多くみられた。症状と学業成績との間に, 1年女子のみ負の相関関係があった。症状と知能との間には, 何も見出せなかった。特に症状の多い生徒についてみると, 1年女子では学業成績, 知能とも平均より低く, 3年男子では逆に高かった。2.テスト不安と学習不安は同じような傾向があった。すなわち, 1年, 3年とも, 男子より女子が高く, そして男子は1年がやや高く, 女子は3年が高かった。両不安の相関はきわめて高く, そして, 学業成績や知能の関係は, 3年男子にみられなかった以外, 負の相関関係があった。テスト不安と成就値との相関関係は, 高知能の1年男子と3年女子に負の相関があった。3.不安はテスト不安と高い正の相関関係があった。しかし, 不安はテスト不安や学習不安と異なって, 1年女子以外, 学業成績や知能となんら関係がなかった。以上の結果から, 症状はテストに対する不安や一般的不安に基づいているものであるが, さらに, それにテストの準備による疲労が加わったものであると考えられる。テスト不安は, 不安と密接な関係があり, 高知能のある生徒達に, 学業に妨害的に働くのか, あるいは, じゅうぶんな成績があげられないために不安が高くなるのかなどのことが考えられる。
The purpose of this study was to analyze relationships between physical and psychological symptoms for a terminal examination, test anxiety, general anxiety, achievement and intelligence. Method : (a) Subjects were 200 boys and 200 girls in 7th and 9th grades. (b) There was a questionnaire based on physical, psychological and nervoussymptoms. The subject checked his own symptoms each day during the seven days before the terminal examination, during the examination period of three days and during th seven days after the examination. (c) Each subject was administered test anxiety scales, general anxiety scales, standardized achievement tests, and intelligence test, in adition to the questionnaire and the examination. Results were as following : (a) The correlations between total number of symptoms, test anxiety scores and general anxiety scores were positively significant except in girls of 7th grade. The correlations of total number of symptoms to achievement scores and examination scores were negatively significant only in girls of 7th grade, and those to intelligence scores were not significant in any groups. (b) Test anxiety was higher in girls than in boys. The correlations of test anxiety scores to achievement scores, examination scores and intelligence scores were negatively significant except in boys of the 9th grade. (c) General anxiety scores had little relations to achievement scores and intelligence scores. From these results, we concluded that the symptoms were caused by test anxiety, general anxiety and fatigue, test anxiety disturbed learning for some pupils, and general anxiety did not relate to learning.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025675
ISSN 0577-6856
NCID AN00142727
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.17 page.28-36 (19680630)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142727/KJ00004239728.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

598 times.


Search
Related Materials in