Back
'Cognate Object'について(IV)(第1部)   :   Notes on 'Cognate Object' (IV)(PART I) 

作成者 倉田, 達
作成者の別表記 Kurata, Tatsu
日本十進分類法 (NDC) 835
内容 (1)聖書に用いられたcognate objectは多数あり筆者の調査では既述の如く59種を数える。それらの中, 聖書特有のcognate objectとしてoffer-offeringを始めcommand-commandment, vow-vow, sin-sin, work-work, swear-oath, sacrifice-sacrifice, trespass-trespass, serve-service, devise-device, purpose-purpose, labor-labor, murmur-mur-muring, inherit-inhertance, …………があり聖書英語の特徴を示している。offer-offeringを中心とするoffer-burnt offering, offer-meat offering などは聖書特有の慣用表現となっている。聖書に起源をもち後代に語法を残すものにpray-prayer, sine-hymn, sing-psalm, love-love, go-journey………がある。古くから使用されているsing-song, dream-dream, die-death, sleep-sleep, fight-battle, run-race, live-life, speak-word, say-word等も使われている。(2)I型とII型との使用状況をみるとsneak-word, offer-offering, sine-song………に関してはII型の方が可成多く殊にsin-sin, fight-battle, go iourney, pray-prayer, trespass-tresuass, serve-service, devise-device, sleep-sleepに関してはII型のみでありJespersenの云の通りであるがvow-vow, dream-dreamはI型多くspeak-blasphemyは1型のみである。(3)speak-wordがfrequencyに於てsay-wordより高い傾向はChaucer, Shakespeareの英語にもみられる傾向であるが欽定英訳聖書に於ては一層著しい。(4)聖書特有のcognate objectは殆んどI型, II型で派生的傾向と見られる型は非常に少い。頭韻の働きを看取することができる。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025679
ISSN 0577-6856
NCID AN00142727
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.17 page.66-84 (19680630)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142727/KJ00004239732.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

990 times.


Search
Related Materials in