Back
職業をもつ主婦の疲労に関する研究(第4報) : 農家の主婦の疲労について(第2部)   :   Studies on Fatigue of Working House Wives (Part 4) : On the Fatigue of Farm Wives(PART II) 

作成者 戸川, 初枝
作成者 (ヨミ) トガワ, ハツエ
作成者の別表記 Togawa, Hatsue
日本十進分類法 (NDC) 498.8
内容 農閑期と同地区で収穫期の調査を行なえなかったので, 条件の似ている市川市迎米地区で実施した。結果は1.自覚的症状では, 訴え率の総計は, 規準より少し下まわるが身体的症状の訴え率が高く, 特に次の項目の訴え率が高い。1.足がだるい55.2% 2.0肩がこる35.3% 3.0全身がだるい24.5% 4頭が重い16%等であり, これらの症状は朝夕ともに相当高いので, 疲労が固定化しているとみられる。2.Flicker値Tapping能検査では, 機能低下があるが余り大きくはない。3.生活時間調査によって農家の主婦の農業労働時間が非常に長い。これは, 労働によって生ずる疲労を恢復する為の時間が得られなくなる。家事労働時間は非常に少いが, 家事労働時間の非常な短縮は家庭管理の粗略化を招き, 家庭経営の上に望ましくない影響があるので, 合理的な時間管理によって望ましい生活時間構造を打ちたてることの研究指導が必要である。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025687
ISSN 0577-6856
NCID AN00142727
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.17 page.137-151 (19680630)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142727/KJ00004239741.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

562 times.


Search
Related Materials in