Back
言語的思考における抽象作用の発達的研究(VII) : 抽象作用の発達に及ぼす経験の影響, その2(第1部)   :   A Developmental Study of the Child's Ability of Abstraction in Verbal Thinking (VII) : On the effect of exeperience influencing upon the development of abstraction ability・2(PART I) 

作成者 四宮, 晟
作成者の別表記 Shinomiya, Akira
日本十進分類法 (NDC) 140
内容 本節実験の目的は, 経験がどのような働き方で抽象作用の発達の上に, 概念の範躊化の上に効果をもつものであるか, いかなる訓練や経験が思考水準を高めるのに有効であるかを検討する第二段階として, 範躊的態度の学習経験の有無と抽象作用の発達との関連を, 実験的にたしかめることにある。そのため, 小学1年生85名(男子37名, 女子32名), 小学3年生74名(男子42名, 女子32名)を被験者として, これを統制群, 第1練習群, 第2練習群, 第3練習群に配置した。統制群は学習訓練が統制される群, 第1, 第2練習群は共に, 範躊的態度の学習経験が与えられずに, 一定期間の抽象練習が行なわれる群, 第3練習群は範躊的態度の学習経験を含む, 一定期間の抽象練習群である。これら練習各群の学習訓練後, 実施された後テスト, 追跡テストの結果, 範躊的態度の学習経験を与えられた第3練習群は, 統制群や, それを与えられない他の練習群よりも, すぐれた学習効果をあげ, 抽象作用の機能水準が高められ, 概念的抽象の増大がもたらされたこと, 3年生の場合は, 抽象作用のより高い水準において, 1年生の場合は, そのより低い水準において, それぞれ, 1年生および3年生よりも, より大きい影響をうけたことが見い出された。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025734
ISSN 0577-6856
NCID AN00142727
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.20 page.11-19 (19710731)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142727/KJ00004239780.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

579 times.


Search
Related Materials in