Back
馬鈴薯のβ-アミラーゼに関する研究   :   Studies on β-amylase of Potato. 

作成者 高野, 一郎, 矢吹, 稔, 山本, 福太郎
作成者 (ヨミ) タカノ, イチロウ, ヤマモト, フクタロウ
作成者の別表記 TAKANO, Ichiro, YABUKI, Minoru, YAMAMOTO, Fukutaro
日本十進分類法 (NDC) 616
内容 (1)著者等は硫安飽和法によつて馬鈴薯からβ-アミラーゼの精製を行つたが, その作用力は甘藷を用いた場合に比較して極めて低いが, 作用時間を延長することによつてβ-アミラーゼ作用力を認めることが出来た.(2)作用時間を延長し, 馬鈴薯搾汁を酵素試料として, 品種, 催芽時, 貯蔵によるβ-アミラーゼ作用力の変化を調べた.
(1) The presence of β-Amylase in potatoes was studied. (2) β-Amylase activity of 2 strains of patatoes was determined by hypoiodite method, elongating the reaction time. (3) β-Amylase activity of potatoes was determined at the time of sprouting and in relation to storage length.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025780
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.2 page.60-62 (19540930)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280111.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

748 times.


Search
Related Materials in