Back
葡萄酒中の燐成分に関する研究   :   Studies on the Phosphorous Contents of Wines. 

作成者 高野, 一郎, 矢吹, 稔
作成者 (ヨミ) タカノ, イチロウ
作成者の別表記 TAKANO, Ichiro, YABUKI, Minoru
キーワード等 ワイン
日本十進分類法 (NDC) 498.5
内容 本学部で試験醸造により得られた葡萄酒につき燐の含有量及び醗酵中及び貯蔵中の消長について実験を行つた.品種による差異よりもむしろ原料葡萄の栽培条件による差異の方が大であるらしく, 品種間には特別の関係は見られなかつた.醗酵前の果汁は醗酵完了後の酒よりも燐の含有量がはるかに多く, 果汁中の燐の相当部分は酵母中に集積され滓として取り去られる経過を追求した.なお試験を行うに当つて試料の御送附をいただいた山梨県農事試験場園芸分場岸技師及び燐の定量につき助言を頂いた本学部吉江教授に感謝する.
We have studied about the phosphorous content of wines and its changes during fermentation of grape juice of various species. It was found that the contents of phosphor were almost equal to what had been reported previously. We could not find any intimate relations between the species of grape and their phosphorous content.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025800
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.4 page.74-76 (19561230)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280143.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

596 times.


Search
Related Materials in




ワイン