Back
梨園のオウトウハダニに対するメチルヂメトン剤(メタシストックス)の広面積散布試験   :   Large Scale Experiments of Methyldemeton (Metasystox) for the Pear Mite Control in Pear Gardens. 

作成者 野村, 健一, 円城寺, 定男, 野田, 健男
作成者 (ヨミ) エンジョウジ, サダオ, ノダ, タケオ
作成者の別表記 NOMURA, Ken'ichi, ENJOZI, Sadao, NODA, Takeo
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 我々は1956年に市川市迎米29梨園についてMethyldemeton (Metasystox)の散布実験を行い, 主としてオウトウハダニに対する防除効果を9月下旬まで追跡した.また1957年には同地において自主的に本剤を散布する園が多数現われたので, その代表的なものについて観察を行った.1956年度の実験結果によると, 5月下旬〜7月上旬にわたりMetasystox 1000倍液(あるいはこれに近い稀釈液)を3回散布し, かつその合計使用原薬量が反当250cc以上であった園の大多数は9月下旬までも顕著な効果を示し, 本剤の高い実用性が認められた.しかるに1957年度では, 3回散布園でもこれほどの残効性を示さず, ここに若干の喰い違いを見出したが, しかしこれは1957年度の散布暦が全般的に前の方へずれたためと解釈され, 根本的な相違とは考えられない.我々は種々の点を考慮して第5表に示すような散布要領で臨むことを提唱したい.なお, ナシアブラムシ防除も含めて5月上旬から散布することの可否についても簡単に触れておいたが, 散布時期を適当にとればやはり3回散布で間に合うものと推察する.
In 1955 K. NOMURA, one of the authors, emphasized in his previous paper that the spraying of Methyldemeton (Metasystox) was very effective against pear mites, Teiranychus viennensis. But the field experiment was not of a large scale in the previous investigation. In this paper the authors discussed the practical effeciency of the insecticide based on the large scale experiments in 1956, in which various treatments were practised in 29 gardens, and on the observation in general gardens in 1957. As the practical measure for the pear mite control, the following system is recommended. [table]

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025808
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.5 page.52-57 (19571230)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280157.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

581 times.


Search
Related Materials in