Back
ナシ及びトマトにおける放射性同位元素Hg^<203>の集積について   :   Several Experiments on Accumulation of Radioactive Mercurous-203 in Pear and Tomato Plants. 

作成者 石井, 賢二
作成者 (ヨミ) イシイ, ケンジ
作成者の別表記 ISHII, Kenji
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 Hg^<203>酢酸フェニール水銀により梨, トマトにおいて組織内の移行を測定した.その結果, 1)梨では生育停止期にあっては組織内の移行は僅かに行われるに過ぎない.2)Hg^<203>の集積する部分は果実では殆んどが果皮であり, 花托皮層, 髄には極めて微量にしか集積しない.3)パラフィン二重袋上に散布されたHg^<203>は被袋を通して果皮にも集積する.4)葉組織内移行は表側処理で見られ, 裏側処理では見られない.5)処理後水洗によってHg^<203>流亡がみられるが一旦風乾させると流亡し難い.6)トマトの葉では葉組織内の移行は梨と同様に表側処理において見られた.7)鉢植トマトに対する各種処理では, 茎に沈積する量が多く認められ, 特に髄部よりも形成層から表皮の間が多量に集積した.
1) The very little translation of Hg^<203> in the tissue of the pear is made during the period when growth is suspended. 2) There is a greater accumulation of the Hg-203 in the pericarp of the pear, and very little in the cortex of receptacle and pith. 3) Hg^<203> sprayed over a double paraffine bag goes through it and is accumulated on the pericarp of the fruit inside it. 4) The translation of Hg^<203> in the leave tissue is observed in the right-side treatment, but not in the reverse-side treatment. 5) When washed in water Hg^<203> treatment, weathering is observed, but once dried in the air after the treatment, weathering is hard to take place. 6) When various treatments are applied to a tomato planted in a pot, a large quantity of Hg^<203> is accumulated in the stem, especially, more on the tissue between cambium and epidermis than in that of pith.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025821
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.6 page.68-75 (19581230)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280177.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

630 times.


Search
Related Materials in