Back
芦粟成分に関する研究 : 第2報 品種間における成分の相違及び穂の切断除去が成分含量に及ぼす影響について   :   Studies on the Components of Sorghum. : (Part 2) Differences of the Components in Sorghum Juices between the Species and the Influences of Cutting off the Heads on the Contents. 

作成者 竹花, 秀太郎, 小倉, 長雄
作成者 (ヨミ) タケハナ, ヒデタロウ
作成者の別表記 TAKEHANA, Hidetaro, OGURA, Nagao
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 1)芦粟茎桿中の含糖量は完熟初期においては品種により多少差異が認められるが, これらを圃場に放置しておくと2〜4週間後には何れも14.4〜15.6%となり大差は認められない.2)澱粉は糖含量の場合と同様の傾向があり, 2〜4週間後には0.5〜1.5%の範囲に及ぶ.3)有機酸は品種による相違は極めて僅かで, 0.76〜1.10%である.4)花穂の形成期にこれを切断除去することにより含糖量は著しく増加するが, 同時に澱粉含量の増加が認められる.
1) There are some differences between the sugar contents in the juice obtained from the stalks of sorghums belonged to different spieces, when the seed is just ripened. However, after two to four weeks, they become nearly the same, i.e. 14.4-15.6%.0 2) Sorghum juice contains the starch. The content of it has a similar tendency to the sugar content, then finally it comes up to 0.5-1.5%.0 3) The differences of organic acid contents between the species are little, i.e. 0.76-1.10%.0 4) Both the contents of sugar and starch increase remarkably by the cutting off the heads, especially at the stage of flowering period.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025833
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.6 page.151-154 (19581230)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280189.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

525 times.


Search
Related Materials in