Back
メチルジメトン(メタシストックス)に対する抵抗性ハダニについて(第1報) : 浸透殺虫剤に関する研究 IX   :   On Resistance of Red Spider, Tetranychus cinnabarinus (Boisduval), to Methyl Demeton (Metasystox). I. 

作成者 野村, 健一, 中垣, 至郎
作成者 (ヨミ) ナカガキ, シロウ
作成者の別表記 NOMURA, Ken'ichi, NAKAGAKI, Shiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 筆者等は, カーネーションに寄生するニセナミハダニが, methyl demeton (Metasystox)に対して抵抗性をもつようになった事例に遭遇したので, その経過について報告する.1.静岡県賀茂郡河津町のカーネーション栽培者約30戸は, 1957年6月以降Metasystoxを連用し, はじめの約1箇年はニセナミハダニの防除に頗る好成績をおさめたが, その後次第に効果の減退が認められた.2.他にもこれに類する事例があり, ハダニの種類も同じである.今後花卉栽培(特に温室)においてはニセナミハダニついて注意する必要があろう.3.1959年には上記河津町において実地散布試験を, また松戸においては生虫を持ち帰り室内実験(水耕法による殺虫実験)を行ったが, 明かに抗抵性があるものと認められた.その程度は普通のものの10倍以上と考えられる.4.こうした事態は, 他地方でも起り得ると予想され, ニセナミハダニに対しMetasystoxのみを連用することは反省しなければなるまい.
In carnation fields at Kawazu Town, Izu Peninsula, Shizuoka Prefecture, Tetranychus cinnabarinus is recognized as the most important pest through all seasons. Methyl demeton (Metasystox) was thus introduced into the district on the authors' recommendation for the spider control in June of 1957. The insecticide was put to the test by about 30 farmers and good results were obtained throughout the first year. The decline of effectiveness of Metasystox, however, pointed out by them in many fields in the next summer. In 1959, the authors hereby tried to examine the methyl demeton resistance of the species by such methods as spraying and water culture, in both cases Metasystox solution was used. As the results of the above it was concluded the resistant ratio was more than 10 times this year as compared with the normal strain.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025838
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.7 page.39-44 (19591231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280202.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

662 times.


Search
Related Materials in