Back
果実成熟中の糖分の変化について   :   On the Change of Sugars during the Ripening of Fruits. 

作成者 柴沼, 忠三, 石井, 弘, 藤田, 恭子
作成者 (ヨミ) フジタ, キョウコ
作成者の別表記 SHIBANUMA, Chuzo, ISHII, Hiroshi, FUJITA, Kyoko
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 果実中に存在する遊離糖をPaper chromatographyにより検出し, 特に柿については成熟中にSucroseが増加することを認め, この事実をAnthrone法を用いて明かにした.
Researches for the free sugars in various fruits by paper chromatogrphic method were described. In this experiment, it was found by the anthrone method that the amount of sucrose increased especially during the ripening of persimmons.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025842
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.7 page.73-78 (19591231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280207.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

626 times.


Search
Related Materials in