Back
日本芝の実生繁殖に関する基礎的研究 : 第2報 発芽温度について   :   Fundamental Researches on Propagation of Japanese Lawn Grasses by Seedlings : II. On Budding Temperature 

作成者 本多, 侔
作成者 (ヨミ) ホンダ, ヒトシ
作成者の別表記 HONDA, Hitoshi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 日本芝の実生繁殖を困難にしている種々の要因を明らかにするための実験の一つとして, まづ発芽に適する温度を調べる必要がある.実験の結果は, 20℃〜35℃の間において, 最も発芽の良好なのは30°〜35℃の高温区であった.日本芝の採種適期が, 6月中旬より8月中旬であり, この頃はまた, 地温も30℃前後に達するので, 実用上, 播種の適期をきめる一つのよりどころとなるであろう.
It is very difficult to raise Japanese lawn grass from seeds. In order to clarify the above reason, the suitable temperature for budding should necessarily be investigated as one of the experiments. As a result of the experiment high temperature plots such as 30°〜35℃ out of the temperatures from 20°to 35℃ showed the best results for budding. The suitable seed-ocllecting period of Japanese lawn grass ranges from the middle of June to that of August, and the soil temperature reaches about 30℃ at the time. too. These facts may become an indicator for deciding the suitable period for seeding.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025847
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.7 page.105-109 (19591231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280213.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

496 times.


Search
Related Materials in