Back
植物材料よりのβ-インドール酢酸の検出および定量に関する研究   :   Studies on the Detection and Determination of β-Indol Acetic Acid in Plant Materials. 

作成者 柴沼, 忠三, 石井, 弘, 間瀬, 哲也
作成者 (ヨミ) マセ, テツヤ
作成者の別表記 SHIBANUMA, Chuzo, ISHII, Hiroshi, MASE, Tetsuya
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 著者等はβ-インドール酢酸のPaperchromatographyについて研究し, 更に植物材料からこれの分離定量を試みた.展開剤にはiso-Propanol: NH_4oH: H_2O=10: 1: 1, 呈色剤にはEhrlich試薬を用いたが, β-インドール酢酸のRf値は同試薬で発色する数種の他の物質のRf値とはかなりの差異があるので発色相当部を切離して定量することが出来た.これにより馬鈴薯および小麦の中の遊離および複合β-インドール酸酸を定量した.
The authors have investigated the paperchromatography of β-indolacetic acid (IAA) and further tried to separate and determine this substance in plant materials. iso-Propanol; NH_4OH: H_2O=10: 1: 1, as developing agent, and Ehrlich reagent, as revelating agent, were used respectively. As the Rf value of IAA is considerably different from that of other materials revelated by the above reagent, we could determine IAA by cutting off the parts corresponding to IAA. Using this method we estimated the contents of free-IAA and complex IAA in potatoes and wheats.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025869
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.9 page.89-94 (19611231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280257.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

794 times.


Search
Related Materials in