Back
ポリ燐酸塩がブドウ果汁の醗酵に及ぼす影響について   :   Studies on the Inflnence of Poly-phosphate in Wine-making. 

作成者 高野, 一郎, 矢吹, 稔
作成者 (ヨミ) タカノ, イチロウ
作成者の別表記 TAKANO, Ichiro, YABUKI, Minoru
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 (1)ブドウ果汁にポリ燐酸塩を加えて醗酵させその影響をしらべた.(2)果汁の搾汁率はポリ燐酸塩添加による影響は認められなかりた.(3)醗酵果汁の一般組成はポリ燐酸塩添加により影響を受けない.燐酸の含量はポリ燐酸塩を添加すれば勿論増加するが, その大部分は正燐酸であって, ポリ燐酸塩は生理的な加水分解を受けたものと思われる.(4)醗酵果汁の組成に近いものを人工的に作り之にポリ燐酸塩を加えて醗酵させたところ, その殆どが正燐酸に変化することが確かめられた.(5)醗酵果汁の吸光度はポリ燐酸塩添加により大きな値が得られ, 色素の抽出又は色素の安定化に効果があったものと考えられる.
(1) The influences of polyphosphate on wine-making were examined. (2) No significant influence on the amount of free run juice from grapes was observed, but the color extraction from grapes to musts and wines was somewhat increased. (3) The amount of polyphosphate decreased during the must fermentation, and this was considered to be the result of hydrolysis of polyphosphate by yeast.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025871
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.9 page.103-109 (19611231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280259.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

650 times.


Search
Related Materials in