Back
トマトの色調について   :   Color of Tomato Fruits. 

作成者 竹花, 秀太郎, 小倉, 長雄, 島村, 誠一
作成者 (ヨミ) タケハナ, ヒデタロウ, シマムラ, セイイチ
作成者の別表記 TAKEHANA, Hidetaro, OGURA, Nagao, SHIMAMURA, Seiichi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 加工用トマトは一般に色調が優れており, 特にリコピン含量の高いものが良好である.リコピンはベンゾールによって容易に抽出され, これを比色分析する事によって簡単に定量出来る.リコピンは加工の際の加熱により一部変化をうけ, 色調は低下する.その変化の程度は加熱温度よりも加熱時間により大きく影響される.加熱により糖成分が変化をうけ褐変化反応がおこり, 色調に劣化に大きい影響を与える.
1. Tomato fruits, belonging to the processing species, has better color than the vegetable species, because they have higher contents of lycopene. 2. Lycopene can be easily extracted by benzol and rapidly determined by the colorimetric analysis. 3. Lycopene is reacted by the heat of processing and then the color. fades. 4. Sugar components also react the heat, and then the browning reaction is observed and as a result the cobor tone is affected.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025872
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.9 page.111-118 (19611231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280260.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

670 times.


Search
Related Materials in