Back
粒状浸透殺虫剤のネダニに対する効果 : 浸透殺虫剤に関する研究XIII   :   Effect of Granules of Systemic Insecticides against Bulb Mites, Rhizoglyphus echinopus. 

作成者 野村, 健一, 鈴木, 政史, 牛山, 荘次
作成者 (ヨミ) スズキ, マサシ, ウシヤマ, ソウジ
作成者の別表記 NOMURA, Ken'ichi, SUZUKI, Masashi, USHIYAMA, Soji
日本十進分類法 (NDC) 623
内容 浸透殺虫剤ジメトエート・エストックス・ダイシストンの各5%粒状剤の土壌施用は, ネダニ防除に効果が高く, ネギや花卉球根への利用性が少くないと考えられる.1 ネギに対しては, 定植直前に定植溝へ上記各剤を1株当り0.3gの割で施用するとよい.特にダイシストンは効果が高いようである.2 定植後の追施もかなり有効であるが, 前記方法よりは劣る.3 その作用機作は, 浸透殺虫剤的に働く(植物に吸収された薬剤が食毒効果をもたらす)ことが最も大きく, 燻蒸剤的または接触剤的な効果は微弱と認められる.4 薬害の懸念はなく, また収穫時の残留毒も問題はなく, 食用に供して危険はない.5 花卉球根に対しても効果が認められたが, チューリップでは1球2g見当を施用する必要がある.ただし球根の場合は, 経済性・薬害などでなお問題が残されている.
The authors examined the effect of some 5 1.47546e-268ranular systemic insecticides such as Dimethoate, Estox (Bayer 4741) and Disyston on bulb mites, Rhizo glyphus echinopus by the method of soil treatment. By field experiments in 1961〜62, good results were obtained from the application of these granules to stone-leeks, 0.3g per one plant, before the transplantation of young shoots. By other experiments, the soil treatment of the granules to flower bulb, 2g per one bulb, was also proved to be effective. It was concerned these effects were chiefly resulted from the systemic action of the insecticides by the laboratory experiments using of stone-leeks treated by Dimethoate.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025897
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.11 page.59-64 (19631231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280308.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

708 times.


Search
Related Materials in