Back
ニセナミハダニの薬剤抵抗性について : 浸透殺虫剤に関する研究XVI   :   On Insecticide Resistance of Carnation Red Spider Mite, Tetranychus telarius Linne, to Methyldemeton and Kelthane. 

作成者 野村, 健一, 富田, 順一, 中越, 省逸
作成者 (ヨミ) トミタ, ジュンイチ, ナカゴシ, ショウイツ
作成者の別表記 NOMURA, Ken'ichi, TOMITA, Jun'ichi, NAKAGOSHI, Shoitsu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 1.花類(特にカーネーション)に寄生するニセナミハダニの薬剤抵抗性事例を, 各地について調査したが, メチルジメトンに関する資料をまとめると第1表のようになる.抵抗性の発現は, 一部は交叉抵抗または移入苗によるものと認められたが, その多くは同一薬剤の過重使用によるものと推察される.2.静岡県河津町(カーネーション)において1957年より最近まで観察・実験を継続し, メチルジメトンおよびケルセンのニセナミハダニに対する効果の変遷を追究した.その大要は第1図に示すとおりである.3.千葉県白浜町においても, 1958〜63年にわたり, 同様の調査を行った(第2図).4.上記両地方における経過は多分に相似的で, (1)連用によるメチルジメトンの抵抗性増大, (2)使用休止による感受性の復元, (3)再使用による2度目の抵抗性の急速なる増大, (4)メチルジメトンとケルセンとの交互散布による複合抵抗性の出現, などが指摘された.5.メチルジメトン・ケルセンに複合抵抗性をあらわした個体群では, 他の薬剤の効果も一般に低く, こうした事象をも含めて取扱う時には"総合抵抗性"なる概念を設けることを提唱したい.6.抵抗性対策としての薬剤ローテーションについても小論した.
The development of insecticide resistance of red spider mites in flower crops is now an important problem in Japan, too. On the methyldemeton resistance in Tetranychus telarius (formerly T. cinnarbarinus) many districts were surveyed as shown in Tab. 1, which shows that the resistance is usually developed by many times spraying of the insecticide. The detailed observations and experiments concerning the fluctuation of resistance were carried out both in Kawazu Town, Shizuoka Prefecture, durning 1957〜63, and Shirahama Town, Chiba Prefecture, in 1958〜63. The annual changes of resistance in these carnation fields are resemble as shown in Figs. 1〜2. The chief point of changes in resistance may be classified as follows. 1. The development of methyldemeton resistance after about 10 times spraying. 2. The decrease of resistance after no using of the insecticide durning about two years. 3. The sooner development of the secondary resistance by using of methyldemeton. 4. The development of multiple resistance of methyldemeton and kelthane after rotational applications of these chemicals. It must be noted that in the fourth stage mentioned above the effectiveness of other insecticides and acaricides are also small in general.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025924
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.13 page.19-28 (19651231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280355.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

572 times.


Search
Related Materials in