Back
キャベツ葉のホスフォリパーゼCに関する研究   :   Studies on the Phospholipase C from Cabbage Leaves 

作成者 柴沼, 忠三, 石井, 弘, 深山, 政治
作成者 (ヨミ) ミヤマ, マサハル
作成者の別表記 SHIBANUMA, Chuzo, ISHII, Hiroshi, MIYAMA, Masaharu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 キャベツ葉をホモジナイズし, その上澄液からホスフォリパーゼCを硫安塩析により分離した.さらにセファデックスG-25およびG-200ゲル濾過により脱塩精製を試みた.この方法で原キャベツ液に対して約17〜24倍の比活性を有する酵素液が得られた.酵素作用力測定の際, 有機溶媒としてエーテルの代りにメタノールを用いた場合には活性が強く, また賦活剤として, Ca^<++>の代りにBa^<++>を用いても可成りの効果が見られた.
(2) Phospholipase C has been precipitated by ammoniumsulfate saturation from the supernatant solution of homogenized cabbage leaves, and then partially purified by Sephadex Gel G-25 and G-200 filtration. The enzyme solution, obtained by this method, has 17〜24 fold specific activity comparing with that of the original cabbage juice. (2) The enzme is activated by Ba^<++> as well as Ca^<++>, and methanol is useful insted of ethyl ether, as solvent of the substrate of the enzy me.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025926
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.13 page.35-38 (19651231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280358.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

552 times.


Search
Related Materials in