Back
Flower Bud Differentiation and Development in Perennial Plants : I. On the Time of Flower Bud Initiation and its Developmental Sequence in Tall Bearded Iris, Iris germanica L. 

作成者 Kosugi, Kiyoshi, Yokoi, Masato, Gomyo, Madoka, Uematsu, Nanao
作成者 (ヨミ) ゴミョウ, マドカ, ウエマツ, ナナオ
作成者の別表記 小杉, 清, 横井, 政人, 五明, 圓, 植松, 七生
日本十進分類法 (NDC) 627
内容 宿根草の花芽分化に関する研究 I.ジャーマン・アイリスの花芽分化・発育についてジャーマン・アイリスの花芽分化期については従来二つの異なった発表があった.そこで, その原因を明らかにしようとして, 1964〜1966に2品種を用いて調査を行なった.結果は2品種とも8月下旬に花序分化が開始されたので, この時期を分化期と定めた.この時の平均気温は26℃, 平均草たけは67cmであった.この結果は妻鹿氏の結果(9月上旬)に近く, ドイツのKramer氏(6月中旬)とはやや離れた.この相異は分化標徴の認定によるか, 両国間の気候の相異によるか, データーおよび写真がないので明らかでない.なお近年2季咲ないし4季咲の品種が現われてきたので, これらの分化状況については, さらに後日の研究を要する。
Flower bud differentiation and development in perennial plants. I. On the time of flower bud initiation and its developmental sequence in tall bearded iris, Iris germanica L., K. KOSUGI, M. YOKOI, M. GOMYO and N. UEMATSU, Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.15: 1〜6, 1967. Studies were made to determine the time of flower bud initiation and developmental pattern of tall bearded iris, two cultivars, "Jane Kray" and "Wabash", at the Faculty of Horticulture, Chiba University in 1964 and 1965. As a result, late August (mean air temperature 26℃ in 1965) seemed to be the time of flower bud initiation in these cultivars and the first indication of flower initiation was the stage at which inflorescence primordia were visible. Mean plant height of these cultivars at this time was 67.0cm.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025951
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.15 page.1-6 (19671231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280404.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

828 times.


Search
Related Materials in