Back
団地児童の遊びの利用単位   :   Studies on the Play-space for Children in the Housing Estate 

作成者 福富, 久夫
作成者の別表記 FUKUTOMI, Hisao
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 以上に述べたことは次のように要約できる.1.団地の中で戸外遊びに使われる場所は, 住戸から100m以内の所が大部分であるといえる.2.男女とも年令が高くなると, 多少住戸から離れた所で遊ぶようになるが, 学童女子で100m, 男子で150m以内が, それぞれの過半数を占めている.3.静的な遊びの場合は, ほとんどが住戸から100m以内であり, 動的な遊びでもボール遊びなどを除けば, 全体の80%が140m以内で遊んでいる.4.遊びのスペースは, 男子・女子・幼児・小学生などのそれぞれ同質グループと, それらの混合した異質グループとでは差があるが, 幼児や女子グループおよび幼児を加えたグループでは100m^2以内, 男子グループや小学生のグループの場合は200m^2以内といえる.5.遊戯スペースは, 静的な遊びの場合で20m^2, 動的な遊では300m^2以内がほとんどである.6.ままごとなどのごっこ遊び, なわ飛び・ごむ飛び, ボール遊び, つかまえっこ, かけっこなどの遊びは, 既設の児童遊園とそれ以外のオープソスペースとが, 遊びの展開の面からみると未分化で, 児童遊園というものが埋没している.しかし, ローラースケート, とびっこ, かんけり鬼, ジャンケン遊びなどは, 児童遊園の施設やスペースを使って遊び, そのために, 子供は身近かな遊びの領域を越えて, 行動範囲も200m以上とかなり広がる.結局, 子供同士で遊ぶ場合は, 幼児や幼児を加えたグループでは, 居住棟周辺の100m程度, 学童でも200mの範囲が利用頻度が高く, 安心して遊べる領域である.問題は, この遊びの領域を拡大することだけではなく, その中で子供が自分で友だちをつくる機会と, いろいろな形で自由な遊びが発展する場を, いかに配慮するかである.さらに, 遊戯器具を中心とし
Studies on the Play-space for Children in the Housing Estate. H. FUKUTOMI. Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull, Fac. Hort. Chiba Univ., No.15: 55〜62, 1967. For the purpose of obtaining fundamental data of the site planning, this survey was conducted during the period from October 23 to November 6, 1965 on the children of ages, 3 to 12, at the three housing estates in Tokyo and its vicinity. In this survey, 871 children of 210 groups who were playing in the above-mentioned apartment areas were observed. The results of this survey may be briefly summarized as follows: 1) The places used for out-door recreation were mostly about 60m apart from the houses. 2) The children of higher age groups play at places rather distant from home. However, most of the primary-scholar play within 100m (girls) or 150m (boys) from their homes. 3) In the case of passive play, the children play mostly at areas within 20m^2, while in he case of active play, they play mostly at areas within 300m^2. 4) Most passive play takes place at the places within 100m from home, while a large number of active play is taken at places within 140m from home.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025958
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.15 page.55-62 (19671231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280413.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

568 times.


Search
Related Materials in