Back
浸透粒剤の効果と作物の栽植密度(第2報)   :   Relationship between the Effect of Granulated Systemic Insecticides and the Culture Density of Crops. II 

作成者 野村, 健一, 湯浅, 光一
作成者 (ヨミ) ユアサ, コウイチ
作成者の別表記 NOMURA, Ken'ichi, YUASA, Koichi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 前報で述べたように, ジメトエート粒剤(5%)の地中施用においては, 1株当りの有効成分量は同じでも作物の栽植密度によって効果(薬害)が相違する現象が見られ, これは主として粒剤と根との接触程度によって支配されるものと推察される.この問題をさらに明確にするため, ジメトエート乳剤をしみこませた木綿糸小片(以下薬剤糸と呼ぶ)を用い, オオムギ薬害を指標として追加実験を行なった.薬剤糸の成分量に応じて施用本数を変え, またそれの配置位置も3種類とした.すなわち, 1株当りの有効成分量を一定(0.005g)としながら, 根と薬剤糸との接触機会が異なる諸区(第1表, 計12区)を設け, オオムギの薬害発現状況を比較したのであるが, 根と薬剤糸との接触が多いと考えられる条件下のものほど薬害が顕著であった(第2表, 第1図).この実験によって, 前報で推論したことを, 一そう明瞭に指示することができた.次にダイシストンについては, 上と同じくオオムギ薬害反応を指標とする方法が適応され得ることを明らかにした.また, この方法を用いてこの実験の一部を示した.ダイシストン粒剤(5%)に関する詳細な議論は控えるが, 諸汎の資料から見て, 本剤においても根と粒剤との接触如何, ひいては作物の栽植密度の高底は効果ないし作用ルートを考える上で, 軽視できないであろうことを推論した.
Relationship betweent the Effect of Granulated Systemic Insecticides and the Culture Density of Crops. II. K. NOMURA and K. YUASA. Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.17: 13-17, 1969. In order to examine the relationship between the effect of granulated systemic insecticides treated into soil and the crop culture density or the frequency in connection of roots and insecticides, a laboraty test was carried out by using of special cotton thread treated by Dimethoate emulsion. One unit of the thread had Dimethoate 0.00063g, 0.00125g and 0.0025g per 1cm respectively. In this experiment young oats were used, and their phytotoxicity was adopted as an indicator of the insecticidal effect. It was recognized the phytotoxicity of oats caused by Dimethoate differed according to both the number of chemical threads and their setting position in soil, even if under the same dosage, 0.005g of Dimethoate per one plant. The phytotoxicity was heavier in such divisions of higher frequency in connection of roots and chemical threads in general. In the case of Disyston the possibility of the authors' method depending on oat-phytotoxicity was examined preliminarily, and then some experiments were practised by this method.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025977
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.17 page.13-17 (19691231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280452.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

587 times.


Search
Related Materials in