Back
α-Naphthaleneacetic acid (NAA)処理による早生温州ミカン摘果の経済効果に関する研究   :   Chemical Thinning in Early Satsuma Orange by NAA Sprays in Relation to the Economics of Use 

作成者 野間, 豊
作成者の別表記 NOMA, Yutaka
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 1. 1968, 1969両年度において早生温州ミカン成木(宮川系)に対するNAAの処理が摘果作業におよぼす経済効果, ならびに摘果時期の繰りあげが温州ミカン幼果の生育におよぼす影響および幼果の蓄積養分の損失量の軽減におよぼす効果などについて試験をおこない, これらのことが温州ミカン収穫果実の形質および量にあたえる影響について調査した.2. NAA300ppm処理による摘果効果は, 1968年度では, 残果率9%(対照無処理区16%)で, 1果あたり葉数は, 17枚(対照無処理区10枚)であった. 1969年度では, 残果率11%(対照無処理区29%)で, 1果あたり葉数は13枚(対照無処理区8枚)であった.3.人手によって摘果した果実の1樹あたり果数は, 1968年度がNAA処理区で850果, 対照無処理区では1700果であった. 1969年度では, NAA処理区で480果, 対照無処理区で1700果であった.4.人手による摘果に要した労力は, 1968年度では対照無処理区で1樹あたり, 1時間15分であったのに対して, NAA処理区はそのおよそ45%の34分であった.又1969年度では, 対照無処理区樹で1樹あたり約1時間10分であったのに対して, NAA処理区はそのおよそ45%にあたる30分であった.5.供試樹の収量は, NAA処理区の収穫果数が対照無処理区のそれにくらべて, 70-75%であったにもかかわらず, NAA処理区では, 対照無処理区にくらべてM以上の果実の占める割合が大きかったため, 両区に差が認められなかった.6.人手による摘果によって除去した幼果(NAA処理区では手なおし摘果によって除去した幼果)は, NAA処理区で全幼果の48-53%であったのに対して, 対照無処理区では60-71%に達した.7.人手による摘果で失なわれた蓄積養分の量は, 全炭水化物含有量, 全窒素含有量とも対照無処理区がNAA処理区の約2倍に達した.8.以上の結
Chemical Thinning in Early Satsuma Orange by NAA Sprays in Relation to the Economics of Use. Y. NOMA, Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.18:13-19, 1970 In the crop seasons of 1968 and 1969, the economics of fruit thinning by NAA sprays was examined in Early Satsuma orange trees. In each year NAA concentration of 300 ppm was used 30 days after full bloom. The results obtained were summarized as follows; 1. The effect of NAA sprays was apparent: the percentages of the remained fruits in the NAA-treated trees, 9 0n 1968 and 11 139675904n 1969 and in the untreated trees, 16 139497728n 1968 and 29-1229081253n 1969. The leaf number per fruit in the NAA-treated trees was 17 in 1968 and 13 in 1969 and in the untreated trees, 10 in 1968 and 8 in 1969. 2. Fruits thinned by hand in the NAA-treated trees were 850 in 1968 and 480 in 1969 and those in the untreated trees were 1, 700 in every year. 3. Fruit thinning by hand in the NAA-treated trees was decreased to 30-50%, as compared with the untreated tree (100%). 4. Working hours for fruit thinning in the NAA-treated trees were decreased to 450f the untreated trees. 5. The loss of carbohydrate and nitrogen in trees treated with NAA for fruit thinning was decreased to 4726725462457f the untreated trees. 6. From the results obtained in this study, fruit thinning by NAA sprays was found to be an economic practice.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025987
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.18 page.13-19 (110004699581)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280473.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

523 times.


Search
Related Materials in