Back
還元型フェレドキシンを電子供与体とするホウレンソウの亜硫酸還元酵素について   :   Ferredoxin-Linked Sulfite Reductase from Spinacia oleracea 

作成者 田村, 五郎
作成者 (ヨミ) タムラ, ゴロウ
作成者の別表記 TAMURA, GORO
日本十進分類法 (NDC) 464
内容 還元型フェレドキシンを電子供与体とする高等植物の亜硫酸還元酵素を部分的に精製した.材料としては米国内で市販されているホウレンソウを用い次の様な精製手段を用いた.1)アセトン分画, 2)硫安分画, 3)DEAE-セルロースクロマトグラフィー, 4)セファデックスG-200によるゲルロ過.以上の精製操作中3)および4)の方法を用いた場合, 亜硫酸還元酵素とNADPH-ジアホラーゼ活性蛋白とは, 各々別々のフラクションに集められた.なおこの亜硫酸還元酵素は還元型フェレドキシンの他に還元型メチルビオローゲンをも電子供与体として利用出来る.酵母菌の場合の亜硫酸還元酵素と比較してみると, 酵素の安定性は非常に異なる.しかし分子内電子伝達機構を比較生化学的に見ると非常に興味深い.本研究は著者が米国ミシガン州立大学に出張中, 同大学Robert S. BANDUBSKI教授の研究室で行ったものであり, 熱心に御討論御援助下されました同教授及び討論に参画された京都大学食糧科学研究所浅田浩二助教授に対し感謝致します.また研究費の一部はNational Scienee Foundation Grants GB3408及びGB6709X(米国)を使用したことを記し合せて謝意を表します.
Ferredoxin-Linked Sulfite Reductase from Spinacia oleracea. GORO TAMURA, Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.18: 61-65, 1970. Ferredoxin-linked sulfite reductase has been purified 29-fold from spinach leaves by the following purification procedures: acetone and ammonium sulfate fractionation, chromatography on DEAE-cellulose and sephadex-G200. The enzyme catalyzes the reduction of sulfite to sulfide, with the use of reduced form of ferredoxin. Contrary to the microbial NADPH- linked sulfite reductase, this plant sulfite reductase was stable even in low ionic strength buffer solution and free from NADPH-diaphorase activity.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025994
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.18 page.61-65 (19701231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280481.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

547 times.


Search
Related Materials in