Back
特産地農業に関する研究 : VII. イチゴ生産における収益的作型組合せに関する研究 : 線型計画法の適用   :   Studies on the Specialized Farming : VII. Estimation of the Efficient and Profitable Relative Combinations of the Growing Types in Strawberry Production (Application of Linear Programming) 

作成者 中島, 忠重, 横溝, 賢一
作成者 (ヨミ) ヨコミゾ, ケンイチ
作成者の別表記 NAKAJIMA, Tadashige, YOKOMIZO, Kenichi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 第4報(中島, 1967)に関連して, イチゴ生産における有利な作型組み合せに関する試算を, 線型計画法を適用して試みた.イチゴ生産を経営に定着させるためには, 生産規模を拡大し, その収益増加をはかることが不可欠の条件となる.生産規模拡大の制約因としては, 採果期における労働供給量であることが経験的に知られている.したがって.単一の作型を採用するよりも, 複数の作型を組み合せたほうが, 労働配分の調整に役立ち, 生産規模を拡大しやすい.そうすることはまた, 出荷の早期化と長期化にも役立ち, 結果的に収益が増加し, 経営の安定化が実現されやすい.線型計画法の適用にあたっては, 確たる基礎資料が必要である.そのため, 事例農家を選定し, 記録に基づく実態分析を行ない, 係数決定に必要な資料を整えた.生産方式には, ハウス作・トンネル作・露地作の3作型を選定した.また, 制限要素には採果期およびその他の農繁期労働量をとったため, 多くの調整方式を採用した.線型計画法による試算結果は, 次のようであった.1.基幹労働力2人の場合の理論解は, ハウス作が45%, トンネル作が36%, 露地作が19%であり, その場合の利益総額は411, 566円である.2.基幹労働力に2人の補助労働力を加えた場合の実際適用解は, ハウス作が600m, トンネル作が450m.露地作が200mの組み合せである.3.実際適用解の組み合せ比率は, ハウス作が48%, トンネル作が36%, 露地作が16%であり, その利益総額は817, 035円である.なお, 試算結果について若干の考察を行なったが, 要約すれば次のようである.1.生産規模の拡大にあたり, 雇用労力の投入を必要とする場合には, 雇用労賃と生産成果が示す家族労働報酬とを比較検討し, その経済的優劣判断のもと
Studies on the Specialized Farming. VII. Estimation of the Efficient and Profitable Relative Combinations of the Growing Types in Strawberry Production with Linear Programming. T. NAKAJIMA and K. YOKOMIZO. Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.18: 105-120, 1970. In order to estimate the most efficient growing area percentages of three strawberry growing types (house culture, 'tunnel' culture, field culture) in its production with family labour from October to June, the budgeting was attempted using linear programming on the basis of an anlysis of the actual economic conditions of a sample farmer. When calculated on the basis of two workers, the most profitable combinations of growing types were: house culture 45%, 'tunnel' cultur 36%, and field culture 190f the total area of growing. In the case of four workers, the relative percentages of growing type combinations to obtain the greatest profit were: house culture 48%, 'tunnel' culture 36%, and field culture 16%.0 From the results obtained above, it may be concluded that the most economical and efficient relative combinations of strawberry growing types in producing it with family labour would be: house culture 45-50%, 'tunnel' culture 35%, and field culture 15-2027777704340f the total area of growing and the best combination percentage to bring the maximum profit should be decided with due consideration of the personal economic conditions of the individual farmers.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00025999
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.18 page.105-120 (19701231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280488.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

543 times.


Search
Related Materials in