Back
小学校運動場における児童の遊び行動   :   Moving play on Elementary School ground 

作成者 福富, 久夫, 安蒜, 俊比古, 柳, 五郎
作成者 (ヨミ) ヤナギ, ゴロウ
作成者の別表記 FUKUTOMI, Hisao, ANBIRU, Toshihiko, YANAGI, Goro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 1.区画, 人数による利用傾向は, グループの形成されている学校の休み時間では10分間位で遊び領域形態が固定される.そのごは区画数150, 人数500人前後で横ばい状態になる.始業前のように, 徐々に出現する場合は増加傾向を示す.2.区画数による利用人数の分布はポアソン分布に類似する.区画平均利用人数λ=2〜3人.3.区画内の時間的変化が指数的であることから, 区画平均利用人数および時間的連続変化をもとにして, 連続, 定位領域を区別する.定位領域の中でとくに, 人数, 時間変化が多くみられるのは固定施設付近と学年による遊び領域の把握がある.4.特定クラスが多く支配しているような遊びでは, 領域形成がパーン化され, そのパターンは遊びの種類による.5.推移行列からの傾向は, 同一区画の一分間の変化は人数の点ではこまかく, またグループ間の動きでも絶えず動いている.人数の固定した静的な状態になることは少ない.
Moving play on Elementary school ground. H. Fukutomi, T. Anbiru and G. Yanagi. Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.19 : 63〜69, 1971. This report is intended to study the pupil's moving play on play ground in free time. The orthogonal coordinates grid pattern on play ground was designed to find play domains. This analysis was programmed though two method by poisson distribution and Markov process matrix. These method are not always useful to design every time, but are available only on the distribution with the time. As the results of the survey, in outdoor moving play, we find that playing domain have connection with group power and all various of playing patterns. This moving play remain some problems how to think playing systems, or how to make the analysis method.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026010
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.19 page.63-69 (19711231)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280509.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

494 times.


Search
Related Materials in