Back
都市の公害防止に関する樹木と空間効果の基礎的研究 : II 緑地の防音機能について   :   Fundamental Study on the Planting and Space Effects in the Public Nuisance Prevention in the City : II The Function of Open Space for the Sound-proof 

作成者 本多, 侔
作成者 (ヨミ) ホンダ, ヒトシ
作成者の別表記 HONDA, Hitoshi
日本十進分類法 (NDC) 519
内容 1.植栽による遮音施設の開発のために, その基礎研究として緑地の防音機能について各種の調査と実験とを行った.2.実態調査は東京都内の大緑地について, 指示騒音計, 高速度レベルレコーダーを用いて音の分布を測定し, なお重要な地点では24時間測定を行った.実験には, 125, 250, 500, 1, 000, 2, 000, 4, 000, 8, 000の各周波数毎に音を発生させ, 各種条件下の樹木を通過させてその減衰度を調べた.3.大緑地(明治神宮境内)の実側で常時発生している80ホン前後の騒音が, 森の中央部では40ホン前後となり, また季節的にみれば, 夏季には45ホン以下の静穏地域が最大に拡がり, 冬季にはその面積が縮少することよりみて, 樹木の存在が遮音に役立ち, また樹葉が防音に大きく関与していることが認められた.4.同一樹種が100m以上連続する樹林での実験によれば, 高い周波数帯の音ほどカットされやすく, その減衰曲線は急カーブとなる.5.アベリア(Abelia grandiflora)では, 1, 000Hzにおいて100ホン前後の音を70ホンに低下させるために, 植栽のない場合(アスファルト舗装)60mを要したが, 林の中では17mで足りた.6.各種の生垣の遮音効果試験によれば, 樹種や周波数により影響を受けるが, 例えば2, 000Hzの音が, アオキ(Aucuba japonica)の厚さ35cmの生垣を通過すると, 4.6ホンの低下がみられた.7.コンクリートなどの壁体の反射音に対する植栽の効果をみると, 樹種と植栽の厚味によって異るが, 例えばカイズカイブキ(Juniperus chinensis var. kaizuka)の4列植では, 1, 000Hzの音では2.2ホン, 8, 000Hzの音では5.9ホンそれぞれ低下した.8.交通騒音に対する実態調査では, 道路は周辺地域と同一レベルにある場合よりも, 高いか低い場合に周辺地域における音の減衰度は大きい.9.道路
Fundamental Study on the Planting and Space Effects in the Public Nuisance Prevention in the City. II. The Function of Open Space for the Sound-proof. H. HONDA, Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.20: 73〜91, 1972. In order to clarify the action mechanism of open space for decreasing the demerit of undesired sound, the author planned the following experiments. 1) The effect of open space for eliminating the noise. 2) The attenuation of undesired sound by the presence of lignosa. 3) The effect of noise insulation by the hedge. 4) The effect of trees for diminishing of reflecting noise. 5) The effect of road structure on the extent of decreasing of the noise. At first, sound frequencies, 125〜8, 000 cycles, were made by the Oscillator. And then, by recording the level of the noise through the trees by sound level meter and high speed level recorder, the author calculated the attenuation of them. The results of above experiments showed that, especially in the summer time, the lignosa of close planting prevented the noise effectively and in the center of the lignosa, the decreasing of the noise was above 40 phons. Besides, the mechanism of prevention of noisy sounds by several ways of planting was clarified. And so, it may be said that further studies on the new planting type for preventing the trafic noise effectively are necessary.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026022
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.20 page.73-91 (19721225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280531.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

678 times.


Search
Related Materials in