Back
オオムギ幼植物における亜硝酸還元酵素について   :   Nitrite Reductase in Barley Seedlings 

作成者 田村, 五郎, 野口, 幸夫
作成者 (ヨミ) タムラ, ゴロウ, ノグチ, ユキオ
作成者の別表記 TAMURA, Goro, NOGUCHI, Yukio
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 オオムギ幼植物の亜硝酸還元酵素は光によって顕著な活性の増大を示した.また暗所で硝酸濃度を7.5mMから15mMに上げても根部亜硝酸還元酵素活性の増大は示されなかった.根部亜硝酸還元酵素の活性測定条件の検討の結果, 測定時における緩衝液(pH7.5)の種類としてはリン酸緩衝液がすぐれていることが明らかになった.また当酵素の亜硝酸イオンに対するミカエリス定数は5.48×10^<-4>Mであった.根部亜硝酸還元酵素は緑葉部のそれより, かなり不安定であった.本研究を行なうにあたりオオムギ種子を御恵与下された千葉県農業試験場畑作研究室長三輪晋氏に感謝する.又植物の培養に当たって適切なる御助言をいただいた当研究室の広保正教授に心より感謝致します.
Nitrite Reductase in Barley Seedlings. Goro TAMURA and Yukio NOGUCHI, Faculty of Horticulture, Chiba University, Matsudo, Japan. Tech. Bull. Fac. Hort. Chiba Univ., No.22: 49-53. 1974. Nitrite reductase is induced by light in germinating seedlings of barley (Hordeum vulgare L.). The enzyme is induced 120 hrs after imbibition. Formation of the enzyme is promoted by the presence of several nutrients including nitrate. In the enzymatic assay of root nitrite reductase in barley seedlings, phosphate buffer gives higher activity than Tris-HCl buffer. Nitrite reductase from roots in barley seedlings is appreciably unstable, as compared with that from first-green leaves in barley seedlings.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026046
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.22 page.49-53 (19750315)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280579.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

606 times.


Search
Related Materials in