Back
ブドウの収穫時期とワインの品質について   :   Effects of Ripening Stage of Grapes on Wine Quality 

作成者 広保, 正, 石井, 弘, 真行寺, 孝, 大井, 一郎, 中堂, 進, 湯目, 英郎
作成者 (ヨミ) チュウドウ, ススム
作成者の別表記 HIROYASU, Tadashi, ISHII, Hiroshi, SHINGYOJI, Takashi, OI, Ichiro, CHUDO, Susumu, YUNOME, Hidero
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 カベルネ フラン(赤ワイン用品種), セミヨン(白ワイン用品種)を収穫時期を変えて試験醸造し, ワインの品質を検討した。1.収穫をおそくして熟度の進んだブドウからのワインが, 総酸の含量が低くなり, 全窒素・遊離アミノ酸態窒素・総ポリフェノールの含量は高くなって, 色調も濃くなる傾向がみられた.2.有機酸の組成はリンゴ酸・酒石酸の含量が高かったが, 熟度の進んだブドウからのワインは減少し, 遊離アミノ酸・陽イオンは逆に高くなる傾向がみられた.3.利酒で評価がよかったのは, カベルネフラン, セミヨンとも10月中・下旬に収穫したものであり, 品種の特性もよく表われていた.その時の糖酸比はカベルネ フラン31〜36, セミヨン40〜43であった.
The relationship between maturity of grape berries (Vitis vinifera L. cv Cabernet franc, Semillon) and the quality of wine were studied. Malic and tartaric acid were shown as major components of organic acid in wine. With the progress of berries ripening the content of total acid of wines decreased, however the amount of free amino acid, total polyphenol, cations and the tone of color of wine increased. One of the important factor to determine the wine quality is Balling/Acid ratio in must. When the value of Balling/Acid ratio reached 31-36 for Cabernet franc, 40-43 for Semillon, respectively, berries is found to ripen suitable for wine making.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026105
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.29 page.9-15 (19810328)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280706.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

674 times.


Search
Related Materials in