Back
Some Aspects of the Priestley and Taylor Model to Estimate Evapotranspiration.   :   Priestley-Taylorの蒸発散モデルに関する若干の知見 

作成者 Nakayama, Keiichi, Pruitt, William O., Chandio, Bashir A.
作成者 (ヨミ) ナカヤマ, ケイイチ
作成者の別表記 中山, 敬一
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 蒸発散位を推定するために提案されたPriestley-Taylorモデル(P-Tモデル)の適応性を十分に湿ったペレニアルライグラス畑で観測したデータを用いて検討し, 若干の知見を得た.P-Tモデルに含まれているパラメーターαを, 終日と日中の純放射量を用いて算出した結果, 両者に明瞭な差異が認められた.終日の純放射量を用いて算出されたαはPriestleyとTaylor(1972)によって報告されている値1.26よりも大きくなり, 季節的に変動した.この変動は中山・中村(1982)による純放射量の夜間減少度に依存しており, これによって修正されたαを用いて推定した蒸発散量はライシメーターによって実測した蒸発散量と良く一致した.日中の純放射量を用いて算出されたαの値は1.26よりもわずかに小さかったが, 季節変動は認められなかった。α値は風速にも若干影響された.風速で修正したαを用いて推定した蒸発散量は, 1.26の値を用いて推定したものよりも実測蒸発散量に近かった。
The applicability of the model of Priestley and Taylor (1972) relating the evapotranspiration from saturated surface is examined at the perennial ryegrass field. The parareter α in the Priestley and Taylor model, which was calculated by using 24-hour net radiation, was larger than the value of 1.26 given by Priestley and Taylor, and varied seasonally due to the rate of decreasing net radiation. In the case of using α modified by the rate of decreasing net radiation, a good agreement was found between the calculation and the measured evapotranspiration. The parameter α was also calculated by using daytime net radiation. Although the value of α in this case, was slightly smaller than 1.26, seasonal variation could not be recogsized. The value of α was affected slightly by wind velocity. The wind-modified α brought about better estimates than that of the original α.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026142
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.32 page.25-30 (19831225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280764.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

713 times.


Search
Related Materials in