Back
光合成細菌を集積培養したものより分離されたn-プロパノール資化性細菌, Pseudomonas sp. H-9の諸性質   :   Properties of a n-Propanol-Utilizing Bacterium, Pseudomonas sp. H-9, Isolated from an Enrichment Culture of Photosysthetic Bacteria 

作成者 藤井, 貴明, 仲沢, 章子, 安藤, 昭一, 矢吹, 稔
作成者 (ヨミ) フジイ, タカアキ, ナカザワ, アキコ
作成者の別表記 FUJII, Takaaki, NAKAZAWA, Akiko, ANDO, Akikazu, YABUKI, Minoru
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 光合成細菌を暗好気培養したものから, そこに混在していたn-プロパノールに対する資化性のすぐれた短桿菌, Pseudomonas sp, H-9を分離した.分離菌株はエタノール, n-プロパノールあるいはグルコースを唯一の炭素源として利用し, 生育することができたが, メタノールを利用することはできなかった.アルコールを用いて生育させた細胞より調製した粗抽出液中にフェナジンメトサルフェート依存のアルコール脱水素酵素の活性が検出された.酵素活性の発現にはアンモニウム塩やメチルアミンなどの窒素化合物の存在が必要であった.本酵素はメタノールに対して活性を示さなかった.本研究の1部は昭和57年度科学技術庁科学技術振興調整費で行われた.
A n-propanol-utilizing bacterium, Pseudomonas sp. H-9, was isolated from an enrichment culture of photosysthetic bacteria. The isolated organism grew well on ethanol, n-propanol and glucose as sole source of carbon but not on methanol. Crude extracts prepared from cells grown with ethanol or n-propanol contained phenazine methosulfate linked alcohol dehydrogenase. Its activity was dependent on nitrogen compound, such as methylamine. The enzyme was inert on methanol.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026147
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.32 page.55-59 (19831225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280769.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

632 times.


Search
Related Materials in