Back
諸外国の地理教科書にみる環境教育の一考察   :   A Study on the Tendency of the Environmental Education in Geography Text-book of the World 

作成者 油井, 正昭, 石井, 弘
作成者 (ヨミ) ユイ, マサアキ
作成者の別表記 YUI, Masaaki, ISHII, Hiroshi
日本十進分類法 (NDC) 375
内容 1.帝国書院から翻訳出版された世界地理教科書全30巻を通読し, そのなかから国情の差と世界全域を網羅することを考慮して23ヶ国を選び, 地理教育における環境教育の一側面を捉える試みを行った.2.対象とした各国の教科書は, それぞれの国の教育制度, 教育年限, 教育事情が異なるため, 対象年令が若干異なっているが, 一部を除き大半は中等教育以上の教科書である.次代を教育する教科書という共通の基盤にたつものと理解して, 以下の調査を行い若干の知見を得た.3.各国の地理教科書から環境と人間活動とに係る環境問題に関する記述を抽出してまず記述量を把握し, 次いで記述の対象について13項目に分け, さらに42の細目に分類整理した.その結果は第1図, 第2表, 第4表に示した.4.抽出した記述量は全体で566記述, 単純な一国平均は25記述となり, 最高記述国は56記述のアメリカ合衆国であった.5.さらに記述量が多い項目第1位と第2位を基にして, 各国の特色を把握し第3表のような5グループに分類した.6. 42種に細分した記述からは, 各国それぞれの環境問題に対する関心の領域の広狭をうかがうことができるが, 最も広範にわたって記述している国は記述量でも多いアメリカ合衆国であった.7.記述量と記述細目数とを基にすると地理教育の分野で, 環境教育問題に関心を寄せている国とさほどではない国とに分かれる.関心が高い国と察知されるのは, アメリカ合衆国, フランス, オーストラリアなど10ヶ国であった.8.環境教育問題は, 執筆形式にもよるが, 単元 (章) や節を直接設けている関心が高い国は, 第5表のとおり10ヶ国見られた.9.環境教育の方法, 環境問題の中心に取り上げられている課題あるいは視点は, 国情によって
In this study, we made it clear that tendency of environmental education in the geography textbook of the world. We used textbooks in Japanese translation of each country languages and these textbooks timely published by the Teikoku-Shoin from 1979 to 1980. The method of study is as follows. The environmental problems such as natural conservation and environment, various field of industry, various kinds of industrial pollution, living environment, outdoor recreation and other things are extracted from the discription in textbooks. We counted out the number of extracted data each country and matters for investigation and made a surveyed of its character in the same time. These data was classified into thirteen groups according to the same factor and subdivided into forty two items such as protection and conservation area, pollution, natural resources, living environment, municipal waste, land development and other things. A summary of the survey is shown below. 1) The count of environmental discription in each country range from the most fifty three in U. S. A. to the lowest five in Mexco and Brazil and its average twenty five. 2) As we cannot easily compare with that each country has its own writing style of textbook, it was ten countries that take up a environmental problems by chapter or section on the textbook. 3) Each country it different from politic and economic situation, framework of society, standard of land development and living and so on. The character of each country from a point of view environmental problems and its education can be broadly classified into five group. 4) Moreover, we was classified by character of environmental education as developed country and developing country and the former may be divied into a narrow, overpopulated old country and a wide, abundant in natural resources newer country.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026156
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.33 page.7-21 (19840330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280786.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

597 times.


Search
Related Materials in