Back
野菜の需要と生産に関する計量的分析 : キュウリ, トマトを対象として   :   An Econometric Study on Demand and Production of Vegetables, Especially Cucumbers and Tomatoes 

作成者 吉田, 昌之
作成者の別表記 YOSHIDA, Masayuki
日本十進分類法 (NDC) 611
内容 本稿の目的は, 野菜とくにキュウリおよびトマトについて, その需要関数と生産関数を計測し, 分析することにある.分析結果を要約すると次の通りである.(1)キュウリ, トマトの需要の季節性は大きく減少しており, 需要の周年化が著しく進展していること.(2)期間(昭和38〜49年および50〜56年)別, 四半期(1〜3月, 4〜6月, 7〜9月, 10〜12月)別の需要関数を月別データにより推定した結果, 以下の諸点が明らかにされたこと.(1)キュウリ, トマトに対する需要の消費支出弾性値は必ずしも正の値をとるとは限らず, 38〜49年の期間と50〜56年の期間とでは明確に異なること, および四半期別にみた場合, それらの弾性値は大きく変化すること.(2)キュウリ, トマトの50〜56年における自己価格弾性値は, 38〜49年のそれに比べるとかなり非弾力的となっていること.(3)比較検討の結果, 最も妥当的と判断されるキュウリ, トマトに対する需要の各弾性値は, 第6表に示す通りであること.(3)キュウリ, トマトの生産について, コブ・ダグラス型生産関数を栽培型(ハウス促成, ハウス半促成, トンネル半促成, 露地およびハウス抑制)別に計測した結果, 土地, 労働, 資本の生産弾性値は, 栽培型によって異なる値をとり, これによってそれぞれの生産の特徴をかなり明らかにすることができたこと.本稿を作成するにあたり, 当研究室の清水隆房教授からは有益なご助言を, また, レフェリーからは適切なコメントをいただいた.厚く御礼申し上げる次第である.なお, 計算は, ほとんど千葉大学情報処理センターのM-170システムを利用して行った.
The purpose of this paper is to analyze quantitatively demand and production structure of vegetables, especially cucumbers and tomatoes. The results are as follows: (1) The seasonal variations of demand for cucumbers and tomatoes are diminishing rapidly as shown in Fig.1. (2) Following points become clear from the estimation of demand function of cucumbers and tomatoes based on monthly data, by period (1963 to 1974 and 1975 to 1981) and by quarter (January to March, April to June, July to September and October to December). (i) The signs of living expenditure elasticities of cucumbers and tomatoes are not always positive. There are distinct differences between the estimates of elasticities in 1963 to 1974 and those in 1975 to 1981, and among those of four quarters. (ii) The own price elasticities of demand are all negative. Price elasticities of cucumbers and tomatoes in 1975 to 1981 are lower than those in 1963 to 1974. (iii) The estimates of elasticities of demand are summarized in Table 6. (3) The Cobb-Douglas production functions of cucumbers and tomatoes are estimated by each type of cultivation (Forcing in green house, Semi-forcing in green house, Semi-forcing in tunnel, Summer or autumn harvested in open field and Retarding in green house). The results of this analysis show that the estimates of production elasticities of land, labor and capital vary with the cultivation types of vegetables.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026164
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.33 page.91-104 (19840330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280794.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

544 times.


Search
Related Materials in