Back
ディーゼル燃料としての植物油脂   :   Vegetable Fats as Diesel Fuel 

作成者 飯本, 光雄, 松尾, 昌樹, 内野, 敏剛
作成者 (ヨミ) ウチノ, トシタカ
作成者の別表記 IIMOTO, Mitsuo, MATSUO, Masaki, UCHINO, Toshitaka
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 ディーゼル機関の代替燃料として, 資源量が豊富で比較的安価な熱帯産植物油脂を用いて, 軽油との混合燃料としたときの燃料性状と運転性能を測定し, 代替燃料としての可能性と問題点につき検討した結果は次のとおりである.1.パーム油, ヤシ油, サフラワー油, 綿実油などの植物油脂は軽油と10〜30wt%の範囲で混合することにより, 残留炭素, 動粘度, 発熱量などの性状が軽油に近づき, 油脂の性状を改善できる.2.パーム油は軽油との混合燃料とした場合, 15℃で結晶が析出するので代替燃料として不適当である.ヤシ油は常温で固体であるが軽油との混合燃料とすれば, 5℃の気温でも燃料として利用できる.3.植物油脂の混合燃料による運転性能は, 油脂の種類及び混合割合の違いによる差がなく, しかも軽油での運転性能とほぼ同じである.4.混合燃料による排気黒煙濃度は, 軽油とほぼ等しいか.やや多い値を示したが, 混合率30wt%までは排気黒煙濃度に問題はないと思われる.以上の結果から, 植物油脂の混合燃料は低温での運転に問題はあるが, 代替燃料としての可能性は充分にあると思われる.今後は油脂燃料の低温時流動化や連続運転の問題について検討する必要がある.
Palm oil and coconut oil as tropical vegetable fats and safflower oil and cottonseed oil as vegetable oils were used to evaluate the fuel properties and engine performances as alternative diesel fuels. Each vegetable oil or fat was mixed with gas oil at the rate of 10 to 30 weight percent. These blend oils were evaluated to determine specific gravity, kinematic viscosity, surface tension, pour point, calorific value and carbon residue. Specific fuel consumptions and thermal efficiencies of the engine burning of the blend oils were almost equal to the results of measurement of diesel oil by JIS B 8013. However, the blend oils of vegetable fats showed an undesirable tendency such as fuel system clogging due to usual high viscosity below 5℃.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026169
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.34 page.9-13 (19841225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280806.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

639 times.


Search
Related Materials in