Back
Formation of Chitinolytic Enzymes by a Laboratory Isolate Aeromonas hydrophila subsp. anaerogenes A52   :   Aeromonas hydrophila subsp. anaeregenes A 52によるキチン溶解酵素の生成 

作成者 Yabuki, Minoru, Takayama, Koji, Ando, Akikazu, Fujii, Takaaki
作成者 (ヨミ) タカヤマ, コウジ, フジイ, タカアキ
作成者の別表記 矢吹, 稔, 高山, 康治, 安藤, 昭一, 藤井, 貴明
日本十進分類法 (NDC) 465
内容 研究室で分離された細菌, Aeromonas hydrophila subsp.anaerogenes A52は, キチナーゼ(1, 4-β-N-acetylglucosaminase, EC 3. 2. 1. 14)とキトビアーゼ(p-nitrophenyl-β-N-acetylglucosaminidase, EC 3. 2. 1. 30)をキチン存在下に生成し, ブドウ糖によりその生成は抑制される.キチン1%, ペプトン0.5%と酵母エキス0.5%を含む培地で振とう培養するとき, 最高の酵素活性の生成が認められた.
公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026171
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.34 page.21-25 (19841225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280808.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

909 times.


Search
Related Materials in