Back
Candida sp. N-16の生育, 酵素活性, 細胞内部構造におよぼすメタノール濃度の影響   :   Effect of Methanol Concentration on Growth, Enzyme Activities and Intracellular Structure of Candida sp. N-16 

作成者 藤井, 貴明, 村上, 努, 岡田, 伸朗, 東藤, 圭子, 安藤, 昭一, 矢吹, 稔, 雨宮, 良幹
作成者 (ヨミ) フジイ, タカアキ, ムラカミ, ツトム, オカダ, ノブアキ, トウドウ, ケイコ, アメミヤ, ヨシミキ
作成者の別表記 FUJII, Takaaki, MURAKAMI, Tsutomu, OKADA, Nobuaki, TODO, Keiko, ANDO, Akikazu, YABUKI, Minoru, AMEMIYA, Yoshimiki
日本十進分類法 (NDC) 465
内容 メタノールはおおよそ5%の濃度で, メタノール資化性酵母Candida sp.N-16の生育をほぼ完全に阻止した.このとき, 酵母細胞中に存在する4種のメタノールの酸化に関与する酵素の中で特にアルコールオキシダーゼの比活性が著しく低下していることがわかった.また, メタノールの濃度の上昇はアルコールオキシダーゼの誘導生成を阻害し, マイクロボディ中に観察される結晶構造の形成やその維持にも影響を与えた.メタノールに生育した細胞はグルコースに生育したものに比較し, ホルムアルデヒドやギ酸の生育阻害効果に対する高い感受性を示した.
The growth of methanol-utilizing yeast, Candida sp. N-16 was completely stopped in the presence of about 5Invalid or incomplete multibyte or wide characterethanol. At that time, the levels of four methanol dissimilating enzymes, alcohol oxidase, formaldehyde dehydrogenase, formate dehydrogenase and catalase were examined. Alcohol oxidase was more easily inactivated by a high concentration of methanol than the other three enzymes. The high concentration of methanol (over about 4%) promoted degradation of crystalloids in microbodies and inhibitted formation of them. The addition of methanol to the yeast growing on a methanol medium gave rise to accumulation of formaldehyde. Cells growing on methanol were more sensitive to formaldehyde and formate than those growing on glucose.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026172
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.34 page.27-36 (19841225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280809.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

711 times.


Search
Related Materials in